群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「GOSICK-ゴシック-」第17話レビュー(飛びイカ)

1_20110519124111.jpg

第17話レビュー

ところどころルパン臭(カリオストロ)がするのは俺だけ?

トリックが分からなくて8回観かえしたのは秘密w

シュタゲは1回しか観なくても大丈夫なのに・・

一体どういうことだってばよ




・・・そして徹夜orz


2_20110519124110.jpg

「我が母コルデリアをおびき寄せるため」

「私はここに移送された」


3_20110519124109.jpg

「私が助けを求めて吠えれば」

「ママンは必ず現れると」


4_20110519124108.jpg

「あの男・・・ブロア公爵は踏んだのだ」

5_20110519124107.jpg

6_20110519124105.jpg

「だが彼の意に反し、私は沈黙を続けた」

「もっとも吠えたところで」

「ママンは来なかったかもしれんが・・・」


7_20110519125321.jpg

「うぇ?」

8_20110519125320.jpg

「だってお母さんだろ?」

「キミが酷い目にあってるのを知れば・・・」


9_20110519125319.jpg

「・・・まだほんの幼いころ」

「一度だけママンに会った事がある」


10_20110519125319.jpg

11_20110519125318.jpg

12_20110519125316.jpg

『あ・・・』

13_20110519125529.jpg

『これを・・・』

14_20110519125529.jpg

『あ・・・』

15_20110519125528.jpg

『これがあれば、私はいつでもお前を助けに来る』

16_20110519125527.jpg

『何処に居ても、きっと駆けつけるから・・・!』

17_20110519125527.jpg

18_20110519125526.jpg

「あのペンダントは言わば」

19_20110519125800.jpg

「私たち母子の絆の証」

20_20110519125759.jpg

「だが・・・」

21_20110519125758.jpg

「その絆を私は・・・」

22_20110519125757.jpg

『そうだ・・・ヴィクトリカは・・・』

23_20110519125757.jpg

24_20110519125756.jpg

『あの時・・・!』

25_20110519130019.jpg

26_20110519130019.jpg

27_20110519130018.jpg

なんて事を!

28_20110519130016.jpg

「久城、キミがこうして私を迎えに来てくれた・・・」

「いつも通りにキミが・・・」


29_20110519130015.jpg

「そのおかげで私は・・・」

30_20110519130014.jpg

31_20110519130226.jpg



1305638325693.jpg

irowosiru.jpg


1305623038253.jpg

1303043322107.jpg


32_20110519130225.jpg

「ん?」

33_20110519130225.jpg

くぎゅぅぅぅぅぅぅぅるるるうるる!

「っは!」

34_20110519130224.jpg

「うぅ・・・」

35_20110519130223.jpg










1305601160729.jpg

1304834982164.jpg











36_20110519130223.jpg

37_20110519130418.jpg

38_20110519130417.jpg

39_20110519130416.jpg

1304184405249.jpg

40_20110519130416.jpg

「ほら、ヴィクトリカ」

「ん?」


41_20110519130415.jpg

「ほっぺにクリームが」

「んに・・・」


42_20110519130414.jpg

43_20110519130650.jpg

「あ」

44_20110519130649.jpg

「あと・・・」

45_20110519130648.jpg

「これも忘れずに持って来たよ」

46_20110519130648.jpg

47_20110519130647.jpg

「ふ・・」

48_20110519130647.jpg

「でかした、久城」

49_20110519202035.jpg

「どういたしまして」

「でもキミ・・・」


50_20110519202033.jpg

「相変わらずとっても偉そうだね」

51_20110519202032.jpg













52_20110519202032.jpg

「東洋人の少年が現れました」

「おそらく、子オオカミを連れ戻しに来たのでは、と」


53_20110519202031.jpg

「かまわん、ほおって置けとのお達しだ」

「それに目的の獲物は自ら網にかかった」


54_20110519202030.jpg

「ファンタスマゴリアの夜にようこそ」

「ブライアン・ロスコー殿」


55_20110519202321.jpg

「招待状も無しに、いきなりスマンね」

56_20110519202321.jpg

「何の、貴殿のような高名な方にお越しいただけるとは」

「光栄の極まり」


57_20110519202320.jpg

「・・・ただし」

58_20110519202319.jpg

「この宴で披露しているのは奇術などではなく」

「正真正銘、本物の奇跡です」


59_20110519202319.jpg

「あぁ、そう聞いている」

60_20110519202318.jpg

「後学のため、是非拝見させてくれ」

61_20110519202543.jpg

「なるほど・・・」

62_20110519202543.jpg

「では、気ままに楽しませてもらう」

63_20110519202542.jpg

「・・・監視を怠るな」

「奴は必ずコルデリア・ギャロと」

「行動を共にしているはずだ」


「ハッ」


64_20110519202541.jpg

「それと・・・」

「ん?」


65_20110519202539.jpg

66_20110519202538.jpg

「うむ・・・」

67_20110519202814.jpg

「ロジェの鼠めが・・・!」















68_20110519202813.jpg

69_20110519202812.jpg

「うん?」

70_20110519202811.jpg

「ん?何だろう?あの機械」

「幻灯機だな」


71_20110519202811.jpg

「はぐっ、んむんむ・・・」

72_20110519202808.jpg

「これは映像を映し出す機械だ」

73_20110519203057.jpg

「写真や絵なら、自在に投影することが出来る」

「へぇ~」


74_20110519203056.jpg

「なるほど・・」

75_20110519203055.jpg

「これがここにあるということは・・・」

76_20110519203054.jpg

「ふむ・・」

「何だよ、一人で納得しちゃって」


77_20110519203054.jpg

「ん?」

78_20110519203053.jpg

79_20110519203325.jpg

「あ!」

80_20110519203325.jpg

81_20110519203324.jpg

「あの人・・・」

82_20110519203323.jpg

「久城?コラ!」

83_20110519203322.jpg

84_20110519203321.jpg

「ハントさ~ん!」

「!?」

85_20110519203637.jpg

「どうしたんです?こんな所で」

「いや、ちょっとね・・・」


「べしゅっ」

86_20110519203637.jpg

87_20110519203636.jpg

88_20110519203636.jpg

「だ、大丈夫?」

「怪我はないかね?」


89_20110519203635.jpg

「フリルまみれの」

90_20110519203633.jpg

「小さなお嬢様」








1304601044835.jpg

1300854844433.jpg

1298369363483.jpg

1302333682582.jpg

1302461301239.jpg

rorikon.jpg


91_20110519203904.jpg

「そのいやらしい手を」

92_20110519203903.jpg

「放したまえ!!・・・うつけ者」






1305369647533.jpg


93_20110519203902.jpg

「あぁ!ヴィクトリカ・・・」

「その人はハントさんて言う時計屋さんで・・・」


94_20110519203901.jpg

「彼とは列車で一緒になってね」

95_20110519203900.jpg

「よろしく」

96_20110519203900.jpg

「なるほど・・・」

97_20110519204249.jpg

「ちなみにそれは機械油かね?」

「爪の間がほんの少しばかり汚れているが?」


98_20110519204248.jpg

99_20110519204247.jpg

「行くぞ久城」

100_20110519204246.jpg

「う、うん・・・」

101_20110519204245.jpg

「え、へへ・・・」















102_20110519204243.jpg


1305630695514.jpg


103_20110519204652.jpg

「うわっアチッ!!」

104_20110519204651.jpg

「久城、あれは・・・」

105_20110519204650.jpg

「リンを塗った風船だよ、少年」






1302462239838.jpg

1305420677799.jpg

1305117232874.jpg


106_20110519204650.jpg

「・・・仕事は良いのかね時計屋(イラッ」

107_20110519204648.jpg

「当分帰りの列車は来ない」

「それにキミとご一緒した方が」

「色々見聞を広げられそうだし」


108_20110519204647.jpg

「フン!」















109_20110519210709.jpg

110_20110519210708.jpg

「身体を支える器具を背景に隠しているな」

111_20110519210707.jpg

「ああ、バネ仕掛け、滑車付きだ」

「うぇ!?そうなの・・・?」





1305625507565.jpg


112_20110519210706.jpg

113_20110519210705.jpg

pam1.jpg

114_20110519210704.jpg

115_20110519210859.jpg

「あ゛っ!」

116_20110519210859.jpg

117_20110519210858.jpg

「銃に入っていたのは・・・」

118_20110519210857.jpg

「偽者の弾丸」





1305452524961.jpg


119_20110519210856.jpg

「えぇ!?」

「スズと水を混ぜた代物で」

「突付けばコナゴナに砕け散る」


120_20110519210856.jpg

「それを客に撃たせ・・・」

121_20110519211352.jpg

「あらかじめ隠しておいた本物を噛んで見せた」

122_20110519211350.jpg

「チャチなトリックだ」





1304219987880.jpg

1302517409033.jpg

1303044328221.jpg

1303044426795.jpg


123_20110519211349.jpg

「へー」





1305372026532.jpg


124_20110519211348.jpg

「凄いなぁ、二人とも・・・」

「何をカマトトぶっておるッ」

125_20110519211348.jpg

「ん?」

126_20110519211346.jpg

「魔術など、貴様にはお手の物だろう」








1305516918150.jpg


127_20110519211648.jpg

「あぁ、貴方でしたか、ご老人」

128_20110519211647.jpg

「そういえば・・・」

129_20110519211646.jpg

「娘さんとは会えましたか?」

130_20110519211645.jpg

「娘がおらん!」

「何処に隠した、死神!」


131_20110519211645.jpg

「え゛?」

132_20110519211644.jpg

「私の娘も連れて行く気ならよかろう・・・」

「止めはせん」


133_20110519211900.jpg

「ただし貴様は!」

134_20110519211900.jpg

「さらに重き罪を背負うことになるッ!」







1305560060197.jpg

1302500084711.jpg

1300800055793.jpg

1305421408111.jpg


135_20110519211859.jpg

「し、失礼」

136_20110519211858.jpg

「連れが居ますので!」















137_20110519211857.jpg

「さて、皆々様ご注目!」

138_20110519211857.jpg

「姉のカーミラです」

139_20110519212242.jpg

「妹のモレラです」

140_20110519212242.jpg

「彼女らは、昔からこの界隈の村々では良く知られた」

141_20110519212241.jpg

「魔力を持つ家系の最後の生き残り」

「ん?」

142_20110519212239.jpg

「あ!」

143_20110519212239.jpg

「古き力の最後の一端であります」







1305123869093.jpg


144_20110519212237.jpg

145_20110519212511.jpg

「題して」

「フェル姉妹のシスターズ・キャビレット!」


146_20110519212510.jpg

「どうぞその両の眼で」

「よーくご覧くださいませ」






1305620493091.jpg


147_20110519212509.jpg

148_20110519212508.jpg

149_20110519212507.jpg

1305383354178.jpg

150_20110519212504.jpg

151_20110519212700.jpg

「どうなるんだろ・・・」

152_20110519212659.jpg

153_20110519212659.jpg

ゴワ~ン!

154_20110519212658.jpg

155_20110519212657.jpg

156_20110519212656.jpg

157_20110519212847.jpg

「うぇ!?入れ替わった!?」

158_20110519212847.jpg

「これぞ奇跡!」





1305620644542.jpg


159_20110519212846.jpg

「かつてこの大陸」

「古き力に彩られしヨーロッパには」


160_20110519212845.jpg

「魔力があふれ」

161_20110519212844.jpg

「我々はそれを日常のことと受け入れていた」

162_20110519212843.jpg

「しかし、今はどうであろう?」

163_20110519213137.jpg

「石炭によって汽車が走り!」

164_20110519213136.jpg

「空には飛行船が舞い!」

165_20110519213135.jpg

「電波によって遠くのものの声が届く!」

166_20110519213134.jpg

「それらは、確かに良き発展だが」

「一方で我々は大事な力を」

「忘れてしまうのではないか?」







1305420721837.jpg


167_20110519213133.jpg

「そう・・・」

168_20110519213132.jpg

「例えばそこのあなた!!」






1305515276685.jpg


169_20110519213344.jpg

「我らに大事な力とは?」











1298990261682.jpg












170_20110519213343.jpg

171_20110519213341.jpg

「科学だね」

172_20110519213340.jpg

「は、ハントさん?」

173_20110519213340.jpg

「ほう?いま実際、奇跡を目の当たりにしても」

「まだそのような考えを?」


174_20110519213339.jpg

「トリックさ!」

「これのどこが奇跡だ!」






1305517175681.jpg


175_20110519213615.jpg

「「そう、お思いなら」」

176_20110519213614.jpg

「あなたもこの箱に」

「入ればよい」

「そうすれば」

「分かる」


177_20110519213613.jpg

「きっと分かる」

178_20110519213612.jpg

「科学では説明の付かない古き力の偉大さを」

179_20110519213611.jpg

「新時代の不遜な若者よ!」

「あなたに!」


180_20110519213610.jpg

「審判を下すでしょう!」

181_20110519213903.jpg

「面白い!では証明してやろうじゃないか!」

182_20110519213902.jpg

「全てがトリックだということを!」





1305482576309.jpg

1303042423309.jpg



183_20110519213902.jpg

184_20110519213901.jpg

185_20110519213900.jpg













186_20110519213859.jpg

187_20110519214109.jpg

188_20110519214108.jpg

188,5

189_20110519214106.jpg

190_20110519214106.jpg

「こうしておけば」

「手首の縄が解けていない証拠になりましょう!」


191_20110519214105.jpg

「・・・床に落ちていなければ!」

192_20110519214308.jpg

「あぁ、そうだな」

193_20110519214307.jpg

194_20110519214306.jpg

1300803905029.jpg

1301935050361.gif

1305514919071.jpg

1305496708748.jpg



195_20110519214306.jpg

「久城っ・・・久城っ!」

196_20110519214305.jpg

「ん?」

197_20110519214304.jpg

「止めさせろ・・・」

198_20110519214548.jpg

「さもないと・・・!」

「え?」


199_20110519214546.jpg

「古の魔力よ!!」

200_20110519214545.jpg

「再び奇跡を見せよ!」

201_20110519214543.jpg

202_20110519214541.jpg

203_20110519214539.jpg














204_20110519214827.jpg

205_20110519214827.jpg

206_20110519214826.jpg

『あああああ!!!(モレラの声)』

207_20110519214825.jpg

「ん?」

208_20110519214824.jpg

209_20110519214823.jpg

「あぁ・・・!」

210_20110519215103.jpg

「モレラッ!!」

211_20110519215102.jpg

212_20110519215102.jpg

213_20110519215101.jpg


1303826640906.jpg

1299774034810.jpg

1305420288758.jpg

214_20110519215100.jpg

「おい!死んでいるぞ!!」

215_20110519215058.jpg

「さっきの短剣だ!」

「でも、手は結ばれたままよ!」

「じゃあ誰が!?」


216_20110519215317.jpg














217_20110519215316.jpg

218_20110519215316.jpg

「うぅ・・」

219_20110519215315.jpg

「ぐ・・」

220_20110519215314.jpg

「皆テントから出ろ!」

「何なの・・・」

「ごほっ・・」


221_20110519215313.jpg

「久城!この煙を吸うな!!」

「この霧には幻覚剤が含まれている・・・!」


222_20110519215639.jpg

「ふぇ!?」

「夜会で見せる魔術を」

「観客に本物だと思わせるためだろう」








1303113173243.gif


223_20110519215638.jpg

「・・・出るぞ!」

「う、うん」

224_20110519215637.jpg

「どうした!霧が濃すぎるぞ!」




1302475495847.jpg


225_20110519215636.jpg

226_20110519215636.jpg

227_20110519215635.jpg

「ん?」

228_20110519215916.jpg

229_20110519215916.jpg

「あれは!」




1303746791185.jpg


230_20110519215915.jpg

「くっ・・!」

「おい!久城!?」

232_20110519215914.jpg

「キミはここで待ってて!すぐに戻る!!」






1305112520352.jpg

1298371172879.jpg

1303529261872.jpg


233_20110519215913.jpg

「待てっ・・・!」

234_20110519215913.jpg

「っく・・・」

235_20110519220142.jpg

236_20110519220141.jpg

「ごほっ・・・」

237_20110519220140.jpg

「行くな久城・・・」

238_20110519220139.jpg

「中は危険だ・・・」

※もちろん性的な意味で

239_20110519220136.jpg

240_20110519220134.jpg

241_20110519220319.jpg


1302508375065.jpg












242_20110519220318.jpg

『ブライアン!何故ここに!』

243_20110519220317.jpg

『まさか、ヴィクトリカに何かするつもりじゃ・・・!』

244_20110519220317.jpg


1305210975881.jpg


245_20110519220316.jpg

「くっ・・・何処だ?」

ゴウン・・・

246_20110519220315.jpg

「!!」






1305465005042.jpg


247_20110519220652.jpg

1304223647008.jpg

248_20110519220651.jpg

「あなたは・・・」

249_20110519220650.jpg

「・・・また会ったか」

250_20110519220648.jpg

「久城 一弥」
















251_20110519220647.jpg

「コルデリアさん・・・」

「あなたは・・・」


252_20110519220646.jpg

「・・・形見箱」

253_20110519220853.jpg

「アカデミーも中々やる」

254_20110519220850.jpg

「私たちはどうやら」

「一歩遅れを取ったようだ」


255_20110519220850.jpg

「禁断の箱は・・・既に失われてしまった」

256_20110519220849.jpg

「え?」

257_20110519220848.jpg

「坊主、これをあの子に」

258_20110519220846.jpg

259_20110519221129.jpg

「謎を解け」

「生きるために力を見せよ、と伝えるのだ」


260_20110519221128.jpg

「・・・・・・」

「そしてもう一つ」


261_20110519221127.jpg

ぐいっ

「な・・・!」

262_20110519221126.jpg

263_20110519221126.jpg

「・・・・!」








1305004015848.jpg

1305618811683.jpg

1305620074991.jpg



264_20110519221124.jpg

「頼んだぞ」

265_20110519221413.jpg

「待ってください!」

「ヴィクトリカに会ってやって!」

「あいつ、あなたに会いたがって!」

「僕の前で涙まで・・・!!」


266_20110519221412.jpg

267_20110519221411.jpg

268_20110519221408.jpg
















269_20110519221407.jpg

「霧の発生は止めました」

「何者かが、器具に細工した形跡が・・・」


270_20110519221406.jpg

「・・・ブライアンは?」

271_20110519221620.jpg

「それが・・・子オオカミと共におります」

272_20110519221619.jpg

「む・・・」















273_20110519221618.jpg

「悪いがもうしばらく付き合ってもらう」

「奴らの目をこちらに引き付けておきたいからな」

「このペテン師め」

「大方10年前にもここで」

「ドイツ軍の奴らをたぶらかしたのだろう」


274_20110519221617.jpg

「フ・・・」






1305023829338.jpg


275_20110519221617.jpg

「落下させるマリア」

「あの事件は・・・ブライアン」


276_20110519221615.jpg

「キミが当時のベルゼブブの頭蓋で起こしたものだ」

277_20110519221937.jpg

278_20110519221936.jpg

279_20110519221935.jpg

「そう、あの幻灯機を使って」






1301710238998.jpg


1303949578987.jpg


280_20110519221935.jpg

281_20110519221934.jpg

282_20110519221933.jpg

1302507154504.jpg

1302516483451.jpg


283_20110519222143.jpg

「当時のキミが何ゆえアカデミーに」

「手を貸したのかは知らん」

「それより聞きたいのは・・・」


284_20110519222142.jpg

「10年を経た今、何故キミと母がわざわざ・・・」

「俺達とオカルト省は互いにある物を求めている」


285_20110519222142.jpg

「子オオカミよ、考えたことはあるか?」

286_20110519222141.jpg

「この先は、新大陸に代表される科学の時代だ」

287_20110519222140.jpg

「そのような世に力を得るのは」

「俺たち古き種族でも、オカルト省でもなく・・・」


288_20110519222139.jpg

「・・・アカデミー」

289_20110519222428.jpg

「・・・奴らの勢力に必要なもの」

「それは形見箱」

290_20110519222428.jpg

「大戦中俺が、あの幻灯機の部屋に隠した」

「禁断の秘密の箱」

291_20110519222427.jpg

「な・・・!」

292_20110519222426.jpg

「おっと、いささか口を滑らせ過ぎた」

293_20110519222426.jpg

「またな、出来損ないの子オオカミ」

294_20110519222425.jpg

「ま、待て!」

295_20110519222711.jpg

「もう一つ・・・」

296_20110519222711.jpg

「もう一つだけ・・!」

297_20110519222710.jpg

「貴様に聞きたいことが!」





1301716097571.png


298_20110519222709.jpg

「・・ママンは・・・私を・・・」

299_20110519222708.jpg

300_20110519222707.jpg










kawaiikedouza!!mukatuku.jpg













301_20110519223102.jpg

302_20110519223101.jpg

「ブライアン・・・一体何処へ・・・」





1302621693182.jpg


303_20110519223100.jpg

「!!」

304_20110519223100.jpg

「遥か中世の昔・・・」

305_20110519223059.jpg

306_20110519223057.jpg

307_20110519223428.jpg

「黒死病の蔓延を恐れて」

「ここに立てこもった当時の国王を」

「黒き死の遣いが冥界へ連れ去ったと聞く」


308_20110519223428.jpg

「・・・!」

309_20110519223427.jpg

「東洋の黒き死神よ」

310_20110519223426.jpg

1305202780132.jpg

311_20110519223426.jpg

312_20110519223425.jpg

「キミは今宵」



1302411768705.jpg


313_20110519223636.jpg

「何者を連れ去りに」



1303049472188.jpg


314_20110519223635.jpg

「この地を訪れたのかね?」

「あなたは・・・?」







1301989732409.jpg

1303557487065.jpg

1304833991753.jpg

1305395459069.jpg

1305306891536.jpg

1305309831291.jpg

315_20110519223634.jpg

「あの列車に、我が妻コルデリアが」

「乗ってくると踏んだのだがね」


316_20110519223634.jpg

「彼女が現れる代わりに・・・キミが」

317_20110519223633.jpg

「我が妻・・・!」

318_20110519223631.jpg

「よい退屈しのぎになった」

「私に話しかけられた時のあの顔」


319_20110519223938.jpg

「聞きしに勝る胡乱(うろん)振りだな」

「久城一弥君」


※胡乱:怪しくて疑わしいこと。

320_20110519223937.jpg

「!!・・・あなたが、ヴィクトリカの父親!」

321_20110519223936.jpg

「アルベール・ド・ブロア公爵!!」






1304178525276.jpg

1304178561688.jpg


322_20110519223934.jpg

323_20110519223932.jpg

バッ・・・!!






1302509513542.jpg

1302508502341.jpg


324_20110519223932.jpg

「っ・・・!!」






1303963706456.jpg


325_20110519224340.jpg

「死神よ」

「様々な死を、事件を」

「良くぞもたらしてくれた」


「お陰で我が子オオカミは頭脳を磨き」

「より完成へと近づいた」


326_20110519224339.jpg

「くっ・・・!」

「アレは私のために生み出された」


327_20110519224338.jpg

「欧州でもただ一つの有効な“道具”」






1305630387633.jpg


328_20110519224338.jpg

「後の調整は任せて」

「お引取り願おう」





1302003341899.jpg


329_20110519224336.jpg

330_20110519224334.jpg

カチッ

331_20110519224658.jpg

332_20110519224657.jpg

1305464247097.jpg

333_20110519224657.jpg

334_20110519224656.jpg

335_20110519224655.jpg

c94949be973f1682faa1a47bdd9092a4.jpg

1300865870928.jpg

336_20110519224654.jpg

「公爵様!」

「水門が!」


337_20110519224840.jpg

「有効な道具?」

338_20110519224839.jpg

「あなたはそんなつもりでヴィクトリカを!」






1302509004431.jpg

1302509136528.jpg


339_20110519224839.jpg

「アレは私の娘だ」

「どうしようと私の裁量一つではないかね?」

340_20110519224838.jpg

「・・・国の大事のためには」








1304173564315.png

1305426568997.jpg

1305442800950.jpg

341_20110519224837.jpg

「それでもあなたには!」

「ヴィクトリカを愛し!」


342_20110519224837.jpg

「守る義務がある!!」

343_20110519225225.jpg

「だってあなたは・・・!」

344_20110519225224.jpg

「・・・血の絆」

345_20110519225222.jpg

「若いな小僧!!」





1303102368792.jpg

346_20110519225221.jpg

347_20110519225221.jpg

「「公爵様!!」」

348_20110519225217.jpg

「・・・ヴィクトリカは連れて行きます」

「あなた何かの所には置いてはゆけない」


349_20110519225423.jpg

「どうしても・・・」

350_20110519225423.jpg

1303528107797.jpg

351_20110519225422.jpg

「・・・よかろう」

352_20110519225421.jpg

「ただしあの学園もまたここと同じく」

「私の手の内だ」


353_20110519225421.jpg

「そして何処にいようと」

「来る次の嵐からは誰一人逃れられはせぬ」






1303555570806.jpg


354_20110519225420.jpg

「クッ・・・!」

355_20110519225741.jpg








1305460042407.jpg

1303968744101.jpg

1303045352750.jpg

bbs_697194_D949E6C0865D4EA23FC91EFFA1881463.jpg












356_20110519225741.jpg

357_20110519225739.jpg

「おい急げ!水門から海水があふれ出してる!」

「汽車は何処だ!?」






1304219216147.jpg


358_20110519225738.jpg

「ヴィクトリカ!」

359_20110519225737.jpg

「キミ、もしかしてさっきの煙を?」

360_20110519225736.jpg

「うぅ・・・」

「しっかり」






1298375864693.jpg

1302396364471.jpg


361_20110519230020.jpg

「ほら、立って」








1305638344147.jpg












362_20110519230019.jpg

1305423492623.jpg

363_20110519230018.jpg


douyattekonobawo.jpg

1299251705740.jpg

1302605449565.jpg

364_20110519230017.jpg

(汽笛の音)

365_20110519230016.jpg

「マスタレード号だ!」

「良かった!これで助かるわ!」






1303743958274.jpg


366_20110519230015.jpg

1304211108155.jpg

367_20110519230214.jpg

「ヴィクトリカ!?」

368_20110519230213.jpg

「置いていけ・・久城・・・」

369_20110519230211.jpg

「あのねぇキミ!」

370_20110519230211.jpg

「出来るわけないだろ!」

371_20110519230210.jpg

「僕は、キミを迎えに・・・!」

「久城・・・」

372_20110519230209.jpg

「私は・・・」

373_20110519230523.jpg

「生まれた意味も分からぬのに・・・」

「走れるわけがあるか・・・」


374_20110519230522.jpg

375_20110519230521.jpg

1303046071709.jpg

376_20110519230520.jpg

377_20110519230519.jpg

「な・・・」

378_20110519230518.jpg

「ば、ばか・・・」

「これではキミまで・・・」








1299582813486.jpg


379_20110519231240.jpg

「さっき、キミのお父さんに会った」

「えっ・・・?」

380_20110519231239.jpg

「大人は皆、勝手なことばかり言う」

「でも、僕らだってちゃんと悩んで・・・」


381_20110519231238.jpg

「考えて生きてるんだ・・・!」







1302615478263.jpg

1302505541510.jpg

1303528245430.jpg


382_20110519231236.jpg

motikaeri.jpg

383_20110519231234.jpg

「生きる意味なんて・・・!」

「後でゆっくり考えればいい!」






1302681589639.jpg


384_20110519231232.jpg

「一緒に学園に帰ろう!」

「そのために、僕は・・・ここへ!」








1302607065807.jpg


385_20110519231651.jpg

『そうだ・・・久城』

『キミが見つけてくれたお陰で』


386_20110519231650.jpg

『そのお陰で私は・・・』

387_20110519231649.jpg

『独りぼっちではなく』

『愛を知る・・・』


388_20110519231648.jpg

『柔らかな者に』

『戻ることが・・出来たのだ・・・』







1303504994791.jpg

1305632882977.jpg


389_20110519231647.jpg

390_20110519231646.jpg

391_20110519232004.jpg

「キミ・・・」

「どうか・・・」


392_20110519232003.jpg

393_20110519232002.jpg

394_20110519232001.jpg

395_20110519232000.jpg

396_20110519231957.jpg

「どうか守ってくれたまえよ」

397_20110519232233.jpg

398_20110519232233.jpg

399_20110519232232.jpg

「これからも・・・」

400_20110519232231.jpg

401_20110519232231.jpg

402_20110519232230.jpg

「あぁ・・・!」

403_20110519232358.jpg

404_20110519232356.jpg

405_20110519232356.jpg

406_20110519232355.jpg

407_20110519232354.jpg

408_20110519232353.jpg

409_20110519232505.jpg

「しっかり!こっちよ!」

410_20110519232505.jpg

411_20110519232504.jpg

412_20110519232503.jpg

413_20110519232502.jpg

414_20110519232500.jpg

daijoubunanoka.jpg

415_20110519232619.jpg

416_20110519232619.jpg

417_20110519232617.jpg

418_20110519232616.jpg

419_20110519232615.jpg

420_20110519232615.jpg

421_20110519233040.jpg

422_20110519233039.jpg

423_20110519233037.jpg

「ベルゼブブの頭蓋・・・」

424_20110519233036.jpg

「死に呪われた要塞」

「蝿の王」


425_20110519233035.jpg

「だが・・・」

「ん?」


426_20110519233034.jpg

「私たちは生きている」

427_20110519233322.jpg

「キミのお陰だ・・・」

428_20110519233321.jpg

「久城」

429_20110519233321.jpg





1305636172044.jpg



430_20110519233319.jpg

「そうだ、ヴィクトリカ」

431_20110519233316.jpg

「これを」

432_20110519233315.jpg

「・・・!!」

433_20110519233538.jpg

「これは・・・」

444.jpg

「もしやママンの・・・!」

445.jpg

446.jpg

「一緒に伝言を頼まれた」

447.jpg

「謎を解け」

「生きるために力をみせろ、って」


448.jpg

「そして、言ってたよ」

449.jpg

『母は変わらず、小さな娘を愛している』

450.jpg

『お前が鳴かずとも』

『こうして何処へでも駆けつける』


451.jpg

452.jpg

453.jpg

454.jpg

455.jpg

456.jpg

457.jpg

1298372280010.jpg






そんなこんなな17話でした





1305636037552.jpg


なんか今回はヴィクトリカちゃんの可愛さが

8割り増し位に感じた




単純にデレたのもそうなんだが

時計屋っていう初対面の奴が出てきたおかげで

いかに久城に心を許してるかが伝わったからかな、と



まぁ、若干、水が迫っているのに

イチャイチャする場面がシュールで

シリアスな笑いを誘っているがそれはいつも通りですw



以下推理という名の妄想

今回は簡単にまとめます





○時計屋


時計屋はおそらくは科学アカデミーの人間でしょう


神父っぽい人が「ロジェの鼠めが・・・!」と発言してから

の流れでそれはすぐに分かるかと



そして、時計屋は何故ベルゼブブの頭蓋に来たのか



それは形見箱を回収するためです



ヴィクトリカちゃんと時計屋の会話で




97_20110519204249.jpg

「ちなみにそれは機械油かね?」

「爪の間がほんの少しばかり汚れているが?」

98_20110519204248.jpg




というやり取りがありましたが

この時、時計屋の爪にこびりついていたのは

本当に機械油だったのでしょうか




別の話をします

久城とコルデリアとの会話



254_20110519220850.jpg

「私たちはどうやら」

「一歩遅れを取ったようだ」

255_20110519220850.jpg

「禁断の箱は・・・既に失われてしまった」




どうやら形見箱はレンガの床の下に隠してあるようです

形見箱を取り出すと手が汚れてしまうでしょう




・・・そうです


時計屋の指の汚れは機械油ではなく

形見箱を回収する際に付いた「泥」だったのです




そうなると時計屋殺害の動機が見えてきます



形見箱はオカルト省・アカデミー

双方にとって重要なアイテムのようです



そしてベルゼブブの頭蓋はオカルト省の手の内

アカデミーが奪取した形見箱を

取り戻そうとしたのでしょう






○時計屋殺害の流れ




・・・実はこれは完璧には分かっていません

あくまで断片的で穴だらけなので悪しからず



時計屋殺害の謎のポイントはただ一つ


時計屋・モレラの両名が、手を縛られていたこと


この1点のみです


犯行当時、奇術のため

時計屋とモレラは箱に入り、時計屋は殺されました


いわば、小さな密室殺人です




一番怪しいのはモレラでしょう

※レビューでは分かりづらいですが、モレラは生きてます



しかし、モレラ及び時計屋は手を縛られ

その上には短剣が乗せられていました

モレラに犯行は不可能ともいえます



189_20110520011908.jpg





1303542384832.jpg









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










1302457488406.jpg



き、キバヤシ!!






「俺はばーさんが一番怪しいと思っている」

















1300801941072_20110520011539.jpg









「まずはこれを見てくれ!」








188,5




「この場面・・・」

「何か不自然なものを感じないか?」










不自然なもの・・・?







・・・・・・・・・・・・・・・・・










!!!!






1303077885119.jpg






188,5



時計屋の手の縄は2重巻きなのに

ばーさんの縄は1回きりだ!!







「そう・・・」

「さらに言うなら時計屋の結び目は下に位置しているが」

ばーさんの結び目は手首の上に位置している






「これなら手首の縄の結び目を」

「口を使って解くことも可能だ!!」







c73f3f9e.jpg











いや!

ちょっと待ってくれよ!!

それはあくまで可能性だろ?

ばーさんが縄を解いたっていう証拠は無い!











1303543176521.jpg









「次はこれを見てくれ」








215_20110519215058.jpg





「これは犯行後の画像だ」





これが何だって言うんだ・・・








「まだ気づかないか」

「なら、さっきの画像と並べて表示してやろう」












188,5

                    


215_20110519215058.jpg

















1304607176751.jpg

1303044227434.jpg

1298386129395.jpg








188,5

                    


215_20110519215058.jpg



ばーさんの縄の結び目が・・

変わっている!!!










「そうだ」

「ばーさんの縄の結び目が」

「犯行前と犯行後で明らかに変わっている」


「これは縄を解いて結びなおした」

「動かぬ証拠だ!!」












ぐ・・・・

しかし!

な、なら短剣はどうなる!?

犯行当時、短剣は両者の手の上!


縄を解くために動けば短剣は床に落ち

物音を立てるはずだろう!!








それとも物音を立てずに

短剣を取る方法があるというのか!!




















「・・・そんな方法は・・ない」
















ほらな!やっぱり・・・















「なぜなら、犯行当時」

「ちゃんと短剣は床に落ち」

「物音を発したんだからな!!」









1301988654405.jpg







なら何故誰も気づかない!









「よく思い出してみることだ」

「犯行当時のことを」













204_20110519214827.jpg

205_20110519214827.jpg

206_20110519214826.jpg

『あああああ!!!(モレラの声)』

207_20110519214825.jpg

「ん?」

208_20110519214824.jpg

209_20110519214823.jpg

「あぁ・・・!」

210_20110519215103.jpg

「モレラッ!!」











どこだ!

どの場面で短剣は落ちたんだ!?


それともやっぱり

短剣は鳴らなかった、とでも言うのか?












「鳴らなかった・・・?」












「違うな」

















「鳴ったが聞こえなかったんだ!」






1303043463203.jpg





「そもそも何故モレラは悲鳴を上げたんだ?」




「悲鳴など上げずに死んだ振りをしていれば」

「容疑者から外れるものを・・・」














ま、まさか・・・















「そうだ!」

「わざと悲鳴を発することで」

「ナイフの音とうめき声を」

「消し去ったんだ!!」












「もう1度言おう」




















「犯人はモレラ以外ありえないんだよ!!」











ぐ・・・





ぐにに・・・






ぐににににににに・・・・・・









1305480225161.jpg








「以上だ」







○コルデリアの移動方法


疲れたので簡単に


コルデリアさんはあの変な顔のチェスドールに入ってた


だから久顔が「変な顔だな・・・」と言ったことに怒って

久城を殴った


以上






1305094907535.jpg





○謎の少女

184_20110520023311.jpg

多分アカデミーの人間

時計屋から形見箱を受け取る役目か

変装してたブロア公爵の監視か

幻覚剤の霧及び水門の仕掛けの工作か



そんな感じw





1290772890ax.jpg





とりあえず今回はこんな感じ


GOSICKは推理物というよりも

ヴィクトリカちゃんの推理すげー、っていう風にしたい性か

推理の伏線とかが分かりづらい



他の推理物だったら意味深なカットにしたり

主人公が何か気づいたような描写を入れたりすんだけど・・・

GOSICKはそういうのが少ないから

何回も観るはめになるんだよね




今回は面白かったから無問題だけどw



18話は今夜か

もっと早く上げたいんだけど

如何せん速さが足りないからなぁ

まぁ、善処します()

それではノシ


















































459 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/05/14(土) 04:15:55.32 ID:6NjXSD7d0

アブリルちゃんがついに回想シーンの中だけでしか
出てこなくなってしまった・・・(´・ω・`)



388_20110520031454.jpg


473 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/05/14(土) 04:19:50.06 ID:Ch72uEs20
>>459

回想でも出てきただけマシだろw








1305420665007.jpg

アブリルちゃん息してない!
関連記事
スポンサーサイト



| アニメレビュー・紹介 | 06:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

不謹慎! 不謹慎!


最後のシーンは久城が一回波に流される・・・ぐらいな演出もあって良いんじゃないかなと思ったり思わなかったりでしたw

あと謎の少女Aが可愛いっすねwwww

| CHAKE | 2011/05/20 07:24 | URL | ≫ EDIT

そうだよな、あそこは流されて離れ離れになってもよかったよな

そして少女Aの可愛さは以上
あとは性格と声がどうなるかだ

ヴィクトリカ>少女A>>>(不遇の壁)>>アブリルェ・・

| 飛びイカ | 2011/05/20 12:13 | URL |

そして少女Aもェ…

| ざいたく | 2011/05/22 09:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/748-badd20b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT