群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「魔法少女まどか☆マギカ」第9話レビュー(飛びイカ)

0_20110306011911.jpg

愛9話レビュー

魔法少女まどか☆マタカよ・・・

まさかの画像数300枚超え

虚淵氏はこのまま

夢もキボーもないラストにするつもりなのか?



そんなの、あたしが許さない


☆前回の内容のおさらい☆







ll_20110228185342.jpg

1298600201365.jpg

_id=1134.jpg

穴だらけ

pp_20110226030904.jpg

i0250536-1298653260.jpg

              

1298654383105.jpg

              

vlanime043725.jpg








では第9話始まります















1_20110306011911.jpg

2_20110306011910.jpg

「誰かの幸せを祈った分」

「他の誰かを呪わずにはいられない」

「あたし達魔法少女ってそういう仕組みだったんだね」

3_20110306011910.jpg

4_20110306011909.jpg

「あたしって、ほんとバカ」

5_20110306011908.jpg

6_20110306013941.jpg

7_20110306013940.jpg

8_20110306013940.jpg

9_20110306013940.jpg

10_20110306013940.jpg

11_20110306013939.jpg

「さやか!!」

12_20110306014225.jpg


dedekee4.jpg


13_20110306014225.jpg

14_20110306014224.jpg

15_20110306014224.jpg

16_20110306014224.jpg

17_20110306014223.jpg

「何なんだよ・・・」

18_20110306014626.jpg

「てめぇ一体何なんだ!」

「さやかに何をしやがった!!」


19_20110306014626.jpg

「下がって」

20_20110306014626.jpg

21_20110306014625.jpg

22_20110306014625.jpg

23_20110306014624.jpg

24_20110306014838.jpg

25_20110306014823.jpg

「つかまって」

26_20110306014820.jpg

「何を・・・」

27_20110306014816.jpg

「いいからっ」

28_20110306014812.jpg

29_20110306014811.jpg

30_20110306015133.jpg

31_20110306015132.jpg

32_20110306015132.jpg

33_20110306015131.jpg

34_20110306015131.jpg

35_20110306015130.jpg

36_20110306015329.jpg

「こいつは・・・」

「私から手を離したらあなたの時間も止まってしまう」

「気をつけて」


37_20110306015329.jpg

「どうなってるんだよ!」

「あの魔女は何なんだよ!」


38_20110306015329.jpg

「かつて三樹さやかだったもの」

「あなたも見届けたんでしょ?」


39_20110306015328.jpg

「逃げるのか?」

「嫌ならその余計な荷物を捨てて」

「今すぐあの魔女を殺しましょ」


「出来る?」

「ふざけるな!!」


40_20110306015328.jpg

「今のあなたは足手まといにしかならない」

「一旦引くわ」

42_20110306015931.jpg















虚淵からは逃げられない








48_20110306015931.jpg

49_20110306015930.jpg

50_20110306015930.jpg

51_20110306015930.jpg

52_20110306015929.jpg

53_20110306020120.jpg

54_20110306020120.jpg

55_20110306020119.jpg

56_20110306020119.jpg

「さやかちゃん!?」

57_20110306020118.jpg

58_20110306020118.jpg

「さやかちゃん!どうしたの!?」

59_20110306023840.jpg

60_20110306023839.jpg

「ねえ、ソウルジェムは!?」

「さやかちゃんはどうしたの!?」


61_20110306023839.jpg

「彼女のソウルジェムはグリーフシードに変化した後」

「魔女を産んで消滅したわ」


62_20110306023839.jpg

「え?」

63_20110306023838.jpg

64_20110306023838.jpg

65_20110306024534.jpg

「嘘・・・だよね・・・」

「事実よ」

66_20110306024534.jpg

「それがソウルジェムの最後の秘密」

67_20110306024534.jpg

「この宝石が濁って黒く染まる時」

「私達はグリーフシードになり」

「魔女となって生まれ変わる」


68_20110306024533.jpg

69_20110306024533.jpg

「それが魔法少女になった者の」

「逃れられない運命」


70_20110306024533.jpg

71_20110306024915.jpg

「嘘よ・・・」

72_20110306024915.jpg

73_20110306024914.jpg

「嘘よね・・・」

74_20110306024914.jpg

「ねぇ?」

75_20110306024914.jpg

76_20110306024913.jpg

77_20110306025243.jpg

「そんな・・・どうしてっ」

78_20110306025243.jpg

「さやかちゃん、魔女から人を守りたいって」

「正義の味方になりたいって」

「そう思って魔法少女になったんだよ」

「なのに・・・!」


79_20110306025242.jpg

「その祈りに見合うだけの呪いを」

「背負い込んだまでのこと」


80_20110306025242.jpg

「あの娘は誰かを救った分だけ」

「これからは誰かを祟りながら生きていく」


81_20110306025242.jpg

82_20110306025241.jpg

83_20110306025540.jpg

84_20110306025540.jpg

85_20110306025540.jpg

86_20110306025539.jpg

87_20110306025539.jpg

「てめぇは、何様のつもりだッ」

「自分は事情通ですって自慢したいのかッ」


88_20110306025539.jpg

89_20110306025811.jpg

「何でそう得意げに喋ってられるんだッ」

90_20110306025811.jpg

「こいつはさやかの!」

91_20110306025811.jpg

92_20110306025810.jpg

「さやかの親友なんだぞ・・・!」

93_20110306025810.jpg

94_20110306025810.jpg

「今度こそ理解できたわね」

「あなたが憧れていたものの正体が」


95_20110306030133.jpg

「どういうものか」

96_20110306030133.jpg

「わざわざ死体を持ってきた以上、扱いには気をつけて」

「うかつな場所に置き去りにすると」

「後々やっかいなことになるわ」


97_20110306030133.jpg

「てめえそれでも人間かッ!!」



15808.jpg


98_20110306030132.jpg

「もちろん違うわ」

99_20110306030132.jpg

100_20110306030132.jpg

「あなたもね・・・」

101_20110306030517.jpg










20110103020531323.jpg








102_20110306030517.jpg

103_20110306030517.jpg

104_20110306030516.jpg

105_20110306030516.jpg

『入っていいかい?話があるんだ』



奴が来た


106_20110306030516.jpg

「生きてたのね」

107_20110306030800.jpg

108_20110306030757.jpg

「ほむらちゃんが言ってたこと、本当なの?」

「訂正するほど間違っていないね」

109_20110306030753.jpg

110_20110306030753.jpg

「じゃあ、あなたはみんなを魔女にするために魔法少女に」






1299232650655.jpg



110_20110306030753.jpg

「勘違いしてほしくないんだが」

「何も僕達は人類に悪意を持っているわけじゃない」

「全てはこの宇宙の寿命を延ばすためなんだ」

「まどか、君は『エントロピー』って言葉を知ってるかい?」

「・・・・・・」





1298989978568.jpg


110_20110306030753.jpg

「簡単に例えると、焚き火で得られる熱エネルギーは」

「木を育てる労力と釣り合わないってことさ」


「エネルギーは形を変換するごとにロスを生じる」

「宇宙全体のエネルギーは目減りしていく一方なんだ」







1298362459241.jpg


111_20110306030753.jpg

「だから僕達は熱力学の法則に縛られない」

「エネルギーを捜し求めてきた」

112_20110306030752.jpg

「そうして見つけたのが」

113_20110306031325.jpg

「魔法少女の魔力だよ!」






1299305749027.jpg


114_20110306031324.jpg

115_20110306031324.jpg

「あなたは一体・・・」

116_20110306031324.jpg

「僕達の文明は知的生命体の感情を」

「エネルギーに変換するテクノロジーを発明した」


「ところがあいにく」

「当の僕らが感情というものを持ち合わせていなかった」

「そこで、この宇宙の様々な一族を調査し」

「君たち人類を見出したんだ」

117_20110306031323.jpg

118_20110306031323.jpg

119_20110306031705.jpg

120_20110306031704.jpg

「人類の個体数と繁殖力を鑑みれば」

「ひとりの人間が生み出す感情エネルギーは」

「その個体が誕生し、成長するまでに要したエネルギーを凌駕する」

「君たちの魂はエントロピーを覆す」

「エネルギー源たりうるんだよ」





4a121c1e.jpg


121_20110306031704.jpg

122_20110306031703.jpg

「とりわけ最も効率がいいのが」

「第二次成長期の少女の希望と絶望の相転移だ」

123_20110306031704.jpg

「ソウルジェムになった君たちの魂は」

「燃え尽きてグリーフシードへと変わるその瞬間」

「膨大なエネルギーを発生させる」


124_20110306031703.jpg

「それを回収するのが」

「僕達淫QBの役割だ」







1298466926277.jpg


125_20110306032121.jpg

「私達・・・消耗品なの・・・?」

「あなた達のために、死ねって言うの?」


126_20110306032121.jpg

「この宇宙にどれだけの文明がひしめき合い」

「一瞬ごとにどれほどのエネルギーを」

「消耗しているかわかるかい?」

「君たち人類だっていずれはこの星を離れて」

「僕達の仲間入りをするだろう」

「その時になって」

「枯れ果てた宇宙を引き渡されても困るよね」

「長い目で見ればこれは君たちにとっても」

「特になる取引になるはずだよ」






f75a3ad0.jpg


127_20110306032121.jpg

128_20110306032120.jpg

「馬鹿いわないで」

129_20110306032120.jpg

「そんな訳が分からない理由で」

「マミさんが死んで、さやかちゃんがあんな目に合って」

「あんまりだよっ・・・」

「酷すぎるよっ・・・・」

130_20110306032120.jpg

「僕たちはあくまで」

「君たちの合意を前提に契約してるんだよ」

「それだけでも十分に良心的なはずなんだが」


131_20110306032518.jpg

「みんな騙されてただけじゃない!!」

132_20110306032518.jpg

「騙すという行為自体、僕達には理解出来ない」

「認識の相違から生じた判断ミスを後悔するとき」

「なぜか人間は他者を憎悪するんだよね」






133_20110306032518.jpg

「あなたの言ってること、付いていけない・・・」

「全然納得できない・・・」

「君たちの人類の価値基準こそ、僕らは理解に苦しむなぁ」

「今現在で69億人」

「しかも四秒に住人ずつ増え続けている君たちが」

「どうして単一個体の生き死にで」

「そこまで大騒ぎするんだい?」




1298994144287.jpg


133_20110306032518.jpg

「そんな風に思ってるなら、やぱっりあなた」

「私達の敵なんだね・・・」

「これでも弁解に来たつもりだったんだよ」

「君たちの犠牲がどれだけ素晴らしものを齎すか」

「理解して貰いたかったんだが」

「どうやら無理みたいだね」


134_20110306032517.jpg

「当たり前でしょ・・・」

135_20110306032517.jpg

「まどか、いつか君は最高の魔法少女になり」

「そして最悪の魔女になるだろう」


136_20110306032517.jpg

「その時僕らはかつてないほど」

「大量のエネルギーを手に入れるはずだ」


「この宇宙のために」

「死んでくれる気になったら」

「いつでも声をかけて」

「待ってるからね」




ぶち殺すぞ


137_20110306033030.jpg

138_20110306033030.jpg








be6fc19e.jpg









449 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/03/04(金) 03:06:35.87 ID:qP2N3y810

一応エントロピー関連の専門家なんで、
エントロピー関連の説明をしてみる。結論からいうと説明は大体あってる。


サイコロを何個も振ると、出目が期待値に収束していくのは知ってると思う。期待値に収束するってのと、エントロピーが増えるってのと同じ意味。

で、これと同じようなことが宇宙上の全粒子(原子とかもっと細かく言うと電子とか)の速度で起きている。
サイコロを降るのに相当するのが、粒子同士の衝突、つまりエネルギーの形を変えることに対応して、エネルギーを変換するごとにどんどん確率は収束してゆく。
最終的には期待値相当の全粒子はバラバラの状態になり、そこには星も生命も存在しないよというのがいわゆる熱的死。




515 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/03/04(金) 03:08:49.11 ID:xYhAjOHl0
>>449

大数の法則とエントロピーって関係あったっけ?



716 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/03/04(金) 03:15:04.96 ID:qP2N3y810
>>515

関係大有り。統計力学では確率の対数が熱力学エントロピーと同値だから。最終的に収束したさきの速度分布(マックスウェルボルツマン)がガウス型なのも、大数の法則と絡めて理解できる。大偏差とかでググるといい



694 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/03/04(金) 03:14:13.34 ID:LrJZWGKs0
>>449

詳しい説明サンクス。要するに日帝の責任だね。












149011c4.jpg


ほんと分からん

bbs_704506_AF85E62996878B3EF8BEAC5D88391D5D.jpg






















9f8f2ea2.jpg




学問をしろ












141_20110306033029.jpg

142_20110306033029.jpg

143_20110306033242.jpg

144_20110306033242.jpg

145_20110306033242.jpg

146_20110306033241.jpg

「そうまでして死体の鮮度を保って」

「どうするつもりだい?」

147_20110306033241.jpg

148_20110306033241.jpg

149_20110306033428.jpg

150_20110306033428.jpg

151_20110306033427.jpg

「こいつのソウルジェムを取り戻す方法は?」

「僕の知る限りでは・・・ないね」






105_20090327130938.jpg


152_20110306033427.jpg

153_20110306033427.jpg

「そいつは、お前の知らないこともあるってことか?」

「魔法少女は条理を覆す存在だ」

「君たちがどれほどの不条理を成し遂げた所で」

「驚くには値しない」


154_20110306033426.jpg

「出来るんだな?」

155_20110306033705.jpg

「前例はないね」

「だから僕にも方法は分からない」

「生憎だが、助言のしようがないよ」


156_20110306033705.jpg

157_20110306033704.jpg

158_20110306033704.jpg

159_20110306033704.jpg

「いらねえよ」

160_20110306033703.jpg

「誰が」

161_20110306034054.jpg

「てめえの手助けなんか」

162_20110306034054.jpg

「借りるもんか」

163_20110306034053.jpg







どうやらワンチャンあるようです



つーか

さやかの身体もうガチで死体で

誰かが鮮度を保ってないと腐食しちゃうとか

さらっと恐ろしい設定だよな












164_20110306034053.jpg

165_20110306034053.jpg

「まどかさん、今朝は顔色が優れませんわ」

「大丈夫ですの?」

「うん、ちょっと寝不足でね」

「それにしても今日もさやかさんはお休みかしら」

166_20110306034052.jpg

「後でお見舞いに行くべきでしょうか」

167_20110306034529.jpg

「あぁ、でも私が行っていいのか」

「今ちょっと、さやかさんとはお話しづらいんですが」


「仁美ちゃん、あのね・・・」

168_20110306034530.jpg

『昨日の今日で』

169_20110306034528.jpg

170_20110306034527.jpg

『呑気に学校なんて行ってる場合かよ』

171_20110306034527.jpg

172_20110306034526.jpg

「まどかさん?」

173_20110306034900.jpg

『ちょっと話があるんだ』

『顔かしてくれる?』


174_20110306034900.jpg

175_20110306034859.jpg

176_20110306034859.jpg

「仁美ちゃん、ごめん・・・」

177_20110306034858.jpg

「今日は私も、学校お休みするね!」

「え!?そんな!まどかさんちょっと!」











スタイリッシュ不登校




緑は何かもう色々とタイミングが悪すぎたんだな














178_20110306034858.jpg

「あの・・・話って・・」

179_20110306035216.jpg

「三樹さやか」

180_20110306035215.jpg

「助けたいと思わない?」

181_20110306035215.jpg

182_20110306035215.jpg

「助けられる・・・の?」

「助けられないとしたら、ほおっとくか?」







bbs_700825_3CCAB19436F7079DC623DFE7697864E6.jpg


183_20110306035214.jpg

184_20110306035214.jpg

185_20110306035556.jpg

「妙な聞き方しちゃったね」

「バカと思うかもしれないけど」

「あたしはね、本当に助けられないのかどうか」

186_20110306035556.jpg

「それを確かめるまで諦めたくない」






fb3e084a.jpg


187_20110306035555.jpg

188_20110306035555.jpg

189_20110306035555.jpg

「あいつは魔女になっちまったけど」

「友達の声ぐらいは覚えてるかもしれない」

「呼びかけたら人間だったころの記憶を」

「取り戻すかもしてない」


「それが出来るとしたら・・・」

「多分・・・あんただ」







kigaruniittekurerunaa4.jpg


190_20110306035554.jpg

191_20110306040003.jpg

「うまくいくかな・・・」

「分かんねぇよ、そんなの」


192_20110306040002.jpg

193_20110306040002.jpg

194_20110306040001.jpg

「分かんないからやるんだよ」











yarebawakaru9.jpg


195_20110306040001.jpg

「もしかして、あの魔女を真っ二つにしてやったらさ」

「中からグリーフシードの代わりに」

「さやかのソウルジェムがポロッと落ちてくるとかさ…」

「そういうもんじゃん」


196_20110306040001.jpg

「最後に愛と勇気が勝つストーリーってさ」







何でそんなに前向き


197_20110306040324.jpg

198_20110306040324.jpg

199_20110306040323.jpg

「私だって」

「考えてみたらそういうのに憧れて」

「魔法少女になったんだよね」


200_20110306040323.jpg

「すっかり忘れてたけど」

「さやかはそれを思い出させてくれた」


201_20110306040323.jpg

202_20110306040322.jpg

「付き合いきれねえってんなら、無理強いはしない」

「結構危ない橋渡るわけだしね」

203_20110306040622.jpg

「私も、絶対何があっても守ってやる」

「なんて約束できねえし」

204_20110306040622.jpg

「ううん、手伝う」

205_20110306040622.jpg

「手伝わせて欲しい」



bbs_708913_5656989FB7E54DBE542E1DEE882F2770.jpg


206_20110306040621.jpg

207_20110306040621.jpg

208_20110306040621.jpg

「私、鹿目まどか」

209_20110306040919.jpg

210_20110306040919.jpg

「ったく、もう、調子狂うよな、ほんと」

「え?」


211_20110306040919.jpg

「佐倉京子だ」

212_20110306040919.jpg

「よろしくね」

213_20110306040918.jpg

214_20110306040918.jpg







1299304794329.gif





多分、このアニメで初めて

他人同士が絆で結ばれた瞬間だよな












215_20110306131346.jpg

「ほむらちゃんも、手伝ってくれないかな?」

「あいつはそういう玉じゃないよ」

「友達じゃないの?」

216_20110306131345.jpg

「違うね」

「まあ利害の一致というか」

「お互い一人じゃ倒せない奴と戦うために」

217_20110306131345.jpg

「つるんでるだけさ」

218_20110306131345.jpg

「あと何日かしたら、この街に『ワルプルギスの夜』が来る」

219_20110306131344.jpg

「ワルプルギス・・・」

220_20110306131343.jpg

「超ド級の大物魔女だ」

221_20110306131840.jpg

「私も、あいつも、多分一人じゃ倒せない」

「だから共同戦線っていうか」

「まあ要するにそういう仲なのさ」








恐らくは1話の冒頭の魔女なんだろうけど

杏子がどっからその情報を仕入れたかが気になるなぁ

魔法少女の中では有名なのかしら

魔法少女の定例会議みたいなのがあるのかしら

全国の魔法少女が集う全国大会があるのかしら



それは、とっても嬉しいなって










222_20110306131839.jpg

「ここだな」

223_20110306131839.jpg

224_20110306131839.jpg

「本当にさやかちゃんかな?」

「他の魔女だったりしないかな?」

「魔力のパターンが昨日と一緒だ」

「間違いなくあいつだよ」

225_20110306131838.jpg

226_20110306131838.jpg

227_20110306132159.jpg

228_20110306132159.jpg

229_20110306132158.jpg

230_20110306132158.jpg

231_20110306132157.jpg

232_20110306132155.jpg

「さて、改めて聞くけど」

「本当に覚悟はいいんだね?」









4346e322.jpg


233_20110306132407.jpg

「私、いつも後ろから付いていくばっかりだし」

「役に立ったこと一度もないけど」


234_20110306132403.jpg

「でもお願い、連れて行って」

235_20110306132403.jpg

「ほんと変な奴だな、あんた」

236_20110306132402.jpg

237_20110306132401.jpg

238_20110306132358.jpg

239_20110306132712.jpg



これは・・・





「まどあん」あるで!!













kusojjirettena.jpg












240_20110306132711.jpg

「ねえ、京子ちゃん」

「ん?」

241_20110306132711.jpg

「誰かにばっかり戦わせて」

「自分では何もしない私って」

「やっぱり・・・卑怯なのかな?」


「なんであんたが魔法少女になる訳さ」

「なんでって・・・」


242_20110306132711.jpg

243_20110306132710.jpg

「なめんなよ」

「この仕事はね、誰にだって勤まるもんじゃない」

「でも」


244_20110306132710.jpg

「毎日うまいもん食って」

「幸せ家族に囲まれて」


245_20110306133000.jpg

「そんな何不自由ない暮らしをしてる奴がさぁ」

「唯の気まぐれで魔法少女になるっていうなら」


246_20110306133000.jpg

「そんなの、あたしが許さない」

「いの一番にぶっ潰してやるさ」

247_20110306133000.jpg

248_20110306132959.jpg

「命を危険に晒すってのはな」

「そうするしか他に仕方ない奴だけがやることさ」


「そうじゃない奴が首を突っ込むのは」

「唯のお遊びだ」

「おふざけだ」







016_20090327130137.jpg


249_20110306132959.jpg

「そうなのかな」

250_20110306132959.jpg

「あんただっていつかは」

「嫌がおうにでも戦わなきゃならない時が」

「来るかもしれない」

「その時になって考えればいいんだよ」


251_20110306133454.jpg

「うん・・・」






杏子は将来保母さんや学校の先生になるタイプ!

















252_20110306133454.jpg

253_20110306133454.jpg

「京子ちゃんは・・・どうして」

254_20110306133453.jpg

「気づかれた!」

255_20110306133453.jpg

「来るぞ!!」

256_20110306133452.jpg

256,5

257_20110306133926.jpg

258_20110306133926.jpg

259_20110306133926.jpg

260_20110306133926.jpg

261_20110306133925.jpg

262_20110306134131.jpg

263_20110306134130.jpg

「いいな、打ち合わせ通りに」

「う、うん」


264_20110306134130.jpg

「さやかちゃん、私だよ、まどかだよ!」

265_20110306134130.jpg

「ねえ、聞こえる?私の声が分かる!?」










266_20110306134129.jpg










267_20110306134128.jpg

「怯むな!」

267,5

「呼び続けろ!」

268_20110306134431.jpg

269.jpg

270.jpg

「さやかちゃん、やめて!」

271.jpg

「お願い、思い出して!」

「こんなこと!」


272.jpg

「さやかちゃんも嫌だったはずだよ!」

「さやかちゃん、正義の味方になるんでしょ!?」

273.jpg

「ねえお願い!」

「元のさやかちゃんに戻って!」


274.jpg

275.jpg

「聞き訳がねえにも」

276.jpg

「ほどがあるぜ!」

277.jpg

「さやか!!」













278.jpg

279.jpg

280.jpg

281.jpg

282.jpg

283.jpg

「京子ちゃん!!」

284.jpg

285.jpg

「大丈夫・・・この程度・・・屁でもねぇ」

286.jpg

「あんたは呼び続けろ」

287.jpg

「さやかを・・・!」

288.jpg

「やめて!」

289.jpg

「もうやめてッ!」

290.jpg

「さやかちゃん!私達に気づいてッ!!」

291.jpg












292.jpg

『はっ、いつぞやのお返しかい?』

『そう言えば私達』


293.jpg

『最初は』

294.jpg

『殺しあう仲だったけねえ』

295.jpg

『生ぬるいって』

296.jpg

『あの時』

297.jpg

『私がもっとぶちのめしても』

298.jpg

『あんたは』

299.jpg

『立ち上がってきたじゃんかよ』

300.jpg

『怒ってんだろ?』

301.jpg

『何もかも』

302.jpg

『許せないんだろ?』

303.jpg

『分かるよ』

303,5

『それで気が済むんなら』

304.jpg

『目、覚ましなよ』















305.jpg

306.jpg

307.jpg

308.jpg

309.jpg

310.jpg

311.jpg

312.jpg

「さやか…ちゃ…お願い…だから…」

313.jpg

314.jpg

「さやかッ!!」

315.jpg

316.jpg

317.jpg

「あんた、信じてるって」

「言ってたじゃないか!!」

「この力で、人を幸せに出来るって!!」





















318.jpg

319.jpg

320.jpg

321.jpg

322.jpg

『頼むよ神様』

323.jpg

『こんな人生だったんだ』






『せめて一度くらい』








『幸せな夢を見させて…』

























324.jpg

325.jpg

326.jpg

327.jpg

「京子・・・!」

328.jpg

329.jpg

「よう・・・」

330.jpg

「あなた・・・!」

331.jpg

「その娘を頼む」

「あたしの馬鹿に付き合わせちまった」


332.jpg

333.jpg

「足手まといを連れたまま戦わない主義だろ?」

334.jpg

「いいんだよ、それが正解さ」

335.jpg

「ただ一つだけ」

「守りたいものを守りとおせばいい」


336.jpg

「ふふ、なんだかなぁ」

337.jpg

「私だって今までずっと」

338.jpg

339.jpg

「そうしてきた筈だったのに」

340.jpg

341.jpg

342.jpg

「行きな」

343.jpg

「こいつは私が引き受ける」

344.jpg

345.jpg



























346.jpg

347.jpg

「心配すんなよ、さやか」

348.jpg

「独りぼっちは」

「寂しいもんな」


349.jpg

「いいよ」

「一緒に居てやるよ」


350.jpg

「さやか・・・」

351.jpg

352.jpg

353.jpg

354.jpg


















355.jpg













356.jpg












357.jpg














358.jpg














359.jpg










































360.jpg

361.jpg

362.jpg

「京子・・・」


































363.jpg

364.jpg

365.jpg

366.jpg

367.jpg

「佐倉京子には」

「本当に三樹さやかを救える望みがあったの?」


368.jpg

「まさか」

「そんなの不可能に決まってるじゃないか」


「なら、どうしてあの娘を止めなかったの」

369.jpg

「モチロン、無駄な犠牲だったら止めただろうさ」

「でも今回、彼女の脱落には大きな意味があったからね」


370.jpg

「これでもう『ワルプルギスの夜』に」

「立ち向かえる魔法少女は」


「君だけしかいなくなった」

371.jpg

「モチロン、一人では勝ち目なんてない」
























372_20110306145141.jpg

「この街を守るには」

「まどかが魔法少女になるしかない訳だ」


373.jpg






















374.jpg

「やらせないわ」

378.jpg

379.jpg

375.jpg

「絶対に」










376.jpg

377.jpg








・・・・・・・・・・・・・・・・・

















1299259414524.jpg

1298372010521.jpg


1298465619326.jpg

201002062336008c4.jpg

1298358341593.jpg

1298340575903.jpg

bbs_718533_9B311A3B71CCD908769789A09D94EFD0.jpg

1298989519711.jpg

6d840b3f.jpg















きゅうべえ

「魔法少女は条理を覆す存在だ」

「君たちがどれほどの不条理を成し遂げた所で」

「驚くには値しない」




               



QB2

「そんなの不可能に決まってるじゃないか」








1298372135943.jpg

888dda24_20110306162537.jpg


1299299862726.jpg

2758a3cf.jpg

untitled_20110306165816.jpg








そんなこんなな第9話でした・・・

杏子が爆散しました・・・

いや、分かってたよ!

杏子はそういうキャラだって!

最初は敵で出てきて

いい奴になって、死ぬ

そういうキャラだって





多分、見せ方が上手いんだろうな

いや、魅せ方か?







記事的には後半からネタ画像使えない展開だったので

最後にまとめて放出したらカオスになった

こりゃ最終回はネタ画像なしになるか?

あと、画像数300枚の壁はあっさり超えた

流石に400枚は超えないだろ~(フラグ

ちなみに編集時間は22時間ですww



それでは今回はこの辺でノシ







































151 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2011/03/04(金) 18:50:31.20 ID:ccNHkKqd0

変遷


変遷1変遷2変遷3変遷4















みじめだわ
関連記事
スポンサーサイト



| アニメレビュー・紹介 | 17:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

淫Qβさんの言ってることに多少納得しました
最初っから説明してよ、割と合理的なんだから
とか思った

| zaitaku | 2011/03/07 00:35 | URL |

どうしてこうなった…


どうしてこうなったーーーっ!!!

| しろとら | 2011/03/07 10:29 | URL |

>しろとら
久しぶりに1話を見直してみたら、雰囲気明るすぎワロエナイ

>ざいたく
最初っから全部説明したら誰も契約しないからじゃね?

QB「願い事を一つ叶える代わりに絶望から希望への相転移によってこの宇宙の新しいエネルギー源たりうる魔法少女(ゾンビ)になって呪いを溜め込んだ結果絶望を振り撒く元魔法少女だった魔女と戦ってその内鬱になって魔女になってよ!」

ほむほむ「うるさいだまれ」

| 飛びイカ | 2011/03/07 12:31 | URL |

今回も力作ですね。

こんばんは。
22時間おつかれさまです。
これを読めばすべてがわかるかんじで、本当にすごいと思いました。
ドラえもんがお見事、今回はぼのぼのくんいないんですね。
次もたのしみにしています。
では~

| mkd(ピンポイントplus) | 2011/03/16 00:07 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます!

10話レビューは地震と停電の影響を考慮して簡易になってしまいましたが、
次からは今までどおりに戻そうと思ってます。10話ェ・・・

画像に関しては基本ふたばで採取してるので・・・
ぼのぼの画像の底がつきそうです!www
ヒマな時に漁ってみますw

それでは~

| 飛びイカ | 2011/03/16 01:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/622-118b34ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT