群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【Splatoon】カンストするためにはどれくらいの実力が必要か

1455892349963.jpg


どうも、タバシです

スプラトゥーン内では最近は Ixgy という名でやってます
読み方は「イキスギィ」です(小声)

つい先日スプラトゥーンにて、ウデマエのカンストを達成しました
飛びイカ氏に続く、GA研究会2人目のカンスト者です

今回は私が使ってたブキ・ギア
そして「カンストするためにはどれほどの実力が必要なのか」

この二つについて書いていきます
イカ、ヨロシクゥ!


1.使ってたブキ・ギア


1455895421587.jpg





使ってたのはダイナモローラーです(ダイナモ感覚!)
(最初はバレルでカンストを目指していましたが断念…)
ギアは復活短縮スペ減を中心に安全靴を付けた感じにしてました

ここで復活短縮スペ減を付けてた意図なんですが…

決して死を良しとするために付けたわけではありません


相打ちなら許される?
そんなことはないでしょう

復活短縮を付けてようが、自分の死は味方にとっては大きなダメ―ジです

(ガン積みならその限りではないのかもわからん)


ではなぜ復活短縮を付けてたのか…
それは、1秒でも戦線から離れてる時間を減らすためです
ダイナモは塗れる・キル出来る・目立つ
存在するだけで大きな影響を及ぼします

死なないようにはするが、死んだらすぐ戻れるようにと

そう考えてのギア構成です


あと立ち回りはどうしたかというと

基本的にキル>デスしない という感じで立ち回ってましたが
しかし決して死が増えるような立ち回りはしませんでした(←?)

要するに突っ込むべきか、引くべきか
この判断を間違えないようにしました

難しいことですが







では次に






2.カンストするためにはどれくらいの実力が必要か?






※あくまで個人的な意見です
※そしてここに書くのはS+ではなく、Sでいる時の話です









私がカンストを目指そうと思った時、ウデマエはA+99でした
S+には到達してましたが、わざとウデマエを下げて楽しんでいました

そこからS+30に上がるまでにかかった時間は
4時間以内あるいは8時間以内でした(いまいち覚えてない)

とにかく、あっという間にA+99からS+30に上がったことは覚えています



その間はキルレは2~3以上をほぼ常時出していました
試合に勝とうが負けようが、キルレだけは基本良かったです
(この時はバレル使ってたけど)



つまり!


S帯を超余裕に感じることができること

そして「A+99からS+30まで8時間で行くことができるかどうか」

これは一つの指標になり得ると思います












最後にハイライトシーンを

(低画質申し訳ない)









・S+を目指してる中でのハイライト






145589249110.jpg




マヒマヒのエリアでした

開幕から味方が一人落ちていました
それ故に相手は最初、立ち回りを甘えていたのでしょう

最初は優勢を取ったものの、試合の中盤では一度エリア周りすら制圧されてしまいました

が、味方2人が打開してくれたのかよく分からんけど、結果延長で逆転勝ち!(アツゥイ!)
3人はガチエリア内で幸せなナイス!をして終了

私は大した活躍は出来ませんでした
9割方諦めながらプレイしてました
ですがなんにせよ、この勝利は今までで一番嬉しい勝利でしたね!
カンスト達成にすら匹敵するほどの嬉しさでした








・S+帯でのハイライト







1455892547204.jpg

1455892429223.jpg



上の画像は10-2です(見にくい)
ちょっと微妙やな!
しかしダイナモはこれでいいのだ。(いいよね?)


終わり
関連記事
スポンサーサイト

| ゲーム考察 | 02:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/3021-9a82feb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT