群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東武野田線に新型車 ・ 60000系登場!

01_20121106193358.png



Presented by CHAKE...

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!











東武鉄道はかねて導入を伝えていた野田線用の新型車両 60000系 の詳細を発表しました。

東武鉄道としては2004年度に導入を開始した50000系列以来、8年振りの新形式車両です。
野田線単体で言えば現状は30年超え選手の8000系達が揃う路線ですので、悲願の新車導入となります。

野田線(大宮~船橋間)に新型車両「60000系」を導入します! -東武鉄道 ニュースリリース






〈車両の概要〉

02_20121106194618.png


エクステリアデザインはこんな感じ。
50000系列をベースにしつつも、非貫通非常時貫通構造で野田線専用車をアピールしています。

車両コンセプトは50000系の「人と環境にやさしい車両」を踏襲。
カラーリングについては、前面と側面上部に東武グループのグループロゴカラーである「フューチャーブルー」を、
ドア脇には視認性の高い「ブライトグリーン」を配しています。



03_20121106204501.png

車体はFSW溶接を用いたオールアルミダブルスキン構造。
やはり50000系列同様、日立製作所の「A-train」仕様の車両と思われます。

VVVFインバータ制御装置やLED照明を採用する事で、
既存の8000系に比べ電気使用量を約40%削減する省エネ車両となっています。

モーターについても、密閉構造の物を採用し車両内外への騒音を低減するとしています。





04_20121106205325.png      05_20121106205325.png


サービス向上策としては、車内案内用液晶ディスプレイ(LCD)を各ドア上部に設置。
行先 ・ 次駅案内 ・ 駅設備 ・ ドア開方向等を表示する事で、判り易い案内を提供します。

また東武の車両としては初の公衆無線LANサービスを開始。
無線LAN対応端末により、車内で高速インターネット環境が利用可能となります。

バリアフリー対策としては、何と車椅子スペースを驚異の6両中4両に設置
右の画像がそのイメージですが、車内の様子も若干把握出来ます。
車内貫通扉が東京メトロ10000系のようなガラス製の大型の物になっているようです。






〈主要諸元〉

【構成】6両固定編成(3M3T)
【構体】オールアルミダブルスキン(FSW溶接)
【定員】先頭車 : 133名、中間車 : 146名 計850名
【最高速度】120km/h
【車体寸法】長さ20m(先頭車 : 20.13m)×幅2.8m×高さ4.08m
【主幹制御器】ワンハンドル式
【制御装置】IGBT式VVVF装置
【補助電源装置】IGBT式SIV装置
【ブレーキ装置】全電気指令式ブレーキ装置
【冷房装置】集中式(マイコン制御式)
【戸閉装置】電気式ユニット戸閉機(マイコン制御式)
















06_20121106211358.png


導入が「2013年度」ってのは・・・営業運転開始がって事なのかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

| 鉄道 | 21:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

見た目、60000系貫通してるように見えるんですけど
気のせいですかね?

| NA・NA・SHI | 2013/03/31 00:00 | URL |

>>NA・NA・SHIさん
「非常時貫通構造」の誤りでした、申し訳ありません。
60000系には確かに車両右側に貫通扉が設けられています。

| CHAKE | 2013/03/31 14:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/2559-5b89c60d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT