群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の新型ロケット「イプシロン」とは?

01_20121103221857.png



Presented by CHAKE...

固体燃料ロケット開発は日本のお家芸。











現在日本で運用中のロケットは2種。
言わずもがな、液体燃料ロケットである「H-IIA」と「H-IIB」です。

来年夏、このラインナップにもう1種の新型ロケットが加わる事になります。



02_20121103222841.png





   その名は イプシロンロケット」!

   高性能と低コストの両立を目指すロケットで、
   H-IIA/H-IIBとは異なり固体燃料を用います。


   2006年に廃止されたM-Vロケットの後継機でもあり、
   糸川英夫博士のペンシルロケット直系の系譜に連なります。

   そのため発射場は種子島宇宙センターではなく、
   固体ロケット発射設備のある内之浦宇宙空間観測所です。


03_20121105144420.png





   ロケットの構造はこんな感じ。
   H-IIA/H-IIB、M-Vそれぞれから技術の転用がなされています

   第1段 : SRB-A(H-IIA/H-IIB用固体ロケットブースタ)
   第2段 : M-34c(M-V用第3段モータの改良型)
   第3段 : KM-V2b(M-V5号機用キックモータの改良型)


   またこれに加え “第4段” として、
   「PBS(Post Boost Stage)」の搭載も可能とされています。

   これはヒドラジンを燃料とする小型液体推進系で、
   衛星の軌道投入精度を液体燃料ロケット並みに高める事が出来、
   低軌道(LEO)や太陽同期軌道(SSO)投入に用いられます。






《イプシロンの詳細諸元と他ロケットとの比較》

イプシロン(E-X)M-VH-IIA(H2A202型)
【機体構成】3段式(PBS追加可)3段式(キックモータ追加可)2段式
【全長】約24m約31m53m
【直径】2.5m2.5m4m
【全備質量】約91t約140t289t
【打ち上げ能力】LEO : 1.2tLEO : 1.8tLEO : 10t
【打ち上げ費用】約38~53億円約75億円約85~120億円
【打ち上げ年度】2013年度~1996~2006年度2001年度~
【打ち上げ場所】内之浦宇宙空間観測所内之浦宇宙空間観測所種子島宇宙センター

比べてみてどうでしょう。
打ち上げ能力ではM-Vの2/3H-IIAの1/10といった所。
打ち上げ費用では最安価でM-Vの1/2H-IIAの1/3といった所です。

しかしイプシロンにおいて最も革新的と言うべき点は他にあります。



04_20121105160358.png 05_20121105160359.png

それは、 打ち上げシステムの革新

まずは左の画像をご覧下さい。
これはアポロ計画時代のケネディ宇宙センターの管制室で、ロケットの打ち上げと言うと今でもこんなイメージが付きまといます。

これがイプシロンでは右の画像のように、「モバイル管制」というネットワークにただノートPCを接続するだけのスタイルとなります。
このスタイルであれば、そもそも射場の近くに居る必要もありません。
『打ち上げ自体は鹿児島で行うけど、管制はつくばか相模原で・・・』 という事も可能になります。

このシステムの鍵を握るのは「ロケットの知能化」、すなわちロケットへの人工知能の搭載で、
イプシロンでは搭載機器の点検をロケット自身が自律的に行う事となっているのです。



06_20121105162139.png



   また「ロケットの打ち上げを日常的なものに」というコンセプトの下、
   M-Vでは2ヶ月近く要していた打ち上げ準備を1週間で行う事を目標としています。

   これは先述の打ち上げシステムの革新によりもたらされ、
   実現すれば世界のあらゆるロケットの中でも最短の準備時間となります。






そんなイプシロンの記念すべき1号機打ち上げは来年夏(8~9月)
小型宇宙望遠鏡「SPRINT-A」を搭載して打ち上げられます。

1号機の打ち上げ費用は試験的要素が強い事や、PBSの搭載により若干高めの53億円。
これ以降は基本的に38億円程度での打ち上げとなります。
また2017年度以降には発展型(E-I)の運用開始を予定しており、こちらは更に安い30億円以下を予定しているとの事です。















    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \     これで日本のロケットラインナップは
  |    ( 一)(●)   小型衛星用 : イプシロン、中型用 : H-IIA、大型用 : H-IIBと揃う訳だ
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ    商業打ち上げ受注に向けてアピール要素が増えるねぇ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

打ち上げ見に行きたいなぁ・・・下手すると今頃から宿埋まるんじゃないの?w
関連記事
スポンサーサイト

| 宇宙開発 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/2552-d6fac55b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT