群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

H-IIA 21号機及びH-IIB 3号機の打ち上げ計画概要

01_20120217144608.png



Presented by CHAKE...

この2機が平成24年度内の打ち上げ予定機です。










H-IIA 21号機


     02_20120217145955.png


H-IIAロケット21号機は、

第一期水循環変動観測衛星(GCOM-W1)「しずく」
●韓国航空宇宙研究院(KARI)の多目的実用衛星3号機(KOMPSAT-3)
●余剰能力を活かした小型副衛星(ピギーバック衛星)2基

の計4基の衛星の軌道投入を行います。



使用されるのは標準型の「H-IIA202」。

ただし、主衛星が2つの所謂 “デュアルロンチ” となるため、

03_20120217151341.png

この「4/4D-LC」という2階建てのフェアリングを使用します。

このフェアリングが使用されるのは、12号機の打ち上げ以来。 およそ5年振り。
デュアルロンチ自体もその12号機以来の事です。

ちなみに、「H-IIA202」でのデュアルロンチは今回が初のケースです。





《「しずく」の主要諸元》

04_20120217154034.png


【項目】【諸元】
名称第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)
目的 ・ 地球規模の降水量や水蒸気量、水温、積雪の深さ等の観測
 ・ 観測データを気候変動の研究や気象予測等に利用し有効性を実証
形状 ・ 寸法 ・ 2翼式太陽電池パドルを有する箱形+ミッションモジュール
 ・ H : 4.9m、D : 5.1m、W : 17.7m
予定軌道 種類 : 太陽同期準回帰軌道
 高度 : 700km
 軌道傾斜角 : 98.2度
 昇交点通過地方太陽時 : 13時30分
設計寿命5年
質量1991kg
電力発生電力 : 3880W(ミッション終了時)
ミッション機器 ●高性能マイクロ波放射計(AMSR2)
 ・ 周波数帯 : 波長7~99GHz(6周波数帯)
 ・ 分解能 : 5~50km
 ・ 観測幅 : 1450km





《「KOMPSAT-3」の主要諸元》

05_20120217155657.png


機関韓国航空宇宙研究院(KARI)
名称KOMPSAT-3 韓国多目的実用衛星3号機
目的 ・ 地球の地理情報解析に必要な高解像度画像の提供
 ・ 各種環境観測
寸法 ・ 質量 寸法 : 直径・・・2.0m、高さ・・・3.5m(打ち上げ時)
 質量 : 約1,000kg





《小型副衛星の概要》

06_20120217160455.png


【衛星の開発機関】【衛星の名称】【衛星のミッション内容】【質量 ・ 寸法】
JAXA小型実証衛星4型(SDS-4) ・ 衛星搭載船舶自動識別実験
 ・ 平板型ヒートパイプの軌道上性能評価
 ・ 熱制御材実証実験
 ・ 水晶発振式微小天秤
 寸法 : 50×50×50(cm)
 質量 : 約50kg
九州工業大学凰龍弐号 ・ 低軌道上での300V発電
 ・ 放電抑制用フィルムの劣化実証
 ・ ELF素子の軌道上実証
 ・ 衛星表面電位計軌道上実証
 ・ デブリセンサによるデブリ観測
 ・ SCAMPの軌道上実証
 ・ 撮影画像を利用した地域貢献
 ・ 人材育成プログラムへの教材提供
 寸法 : 30×32×32(cm)
 質量 : 約6.4kg
















H-IIB 3号機


   07_20120217162448.png


H-IIBロケット3号機は、これまでの試験機1号機 ・ 2号機と同じく、
宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)を所定軌道まで投入します。


「こうのとり」3号機のイメージは以下の通り。


08_20120217163200.png






試験機1号機や2号機の打ち上げと基本的には同内容ですが、特記事項も幾つかあります。


《再開発アビオニクス機器》

09_20120217163622.png


H-IIAロケットで開発し、H-IIBロケットについても使用しているアビオニクス機器。
その機器内部で使用していた部品が、開発から時間が経過したこともあり枯渇

これに伴って再開発を行い、今回のH-IIBロケット3号機から搭載する事となりました。

再開発によるリスクを軽減するため、原則としてシステム設計は変更せず開発を進め、
飛鳥工場 ・ 種子島射場で各種システム試験を実施し、問題が無い事を確認しました。




《第2段の制御落下》

これは前回の2号機においても行われ、
燃焼終了し用の無くなった第2段機体を太平洋上に制御落下させます。

再現性も含むデータ取得のための実験です。




《極低温試験(F-0)の削除》

極低温試験(F-0)とは、
設計や製造品質が十分に安定するまでのロケットに対し、打ち上げ当日のカウントダウン作業の未確認事項を最小限にするため、極低温環境下で ①新規適用項目の確認②実機 ・ 設備の品質確認③オペレーション確認④他系とのインタフェース確認 といった項目を確認する事です。

試験機1号機及び2号機で技術的に安定したとの判断から、今回の3号機からは削除(実施しない事)となりました。






















        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \    頑張れJAXA ・ 三菱重工!
   /   (●)  (●)   \  華麗に成功させて日の丸ロケットの力を見せつけてやれ!
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ちなみに、現時点では2機共に打ち上げ日時は未定です。
関連記事
スポンサーサイト



| 宇宙開発 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/1636-133e2958

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT