群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリジナル熊手を作ろう!~小型熊手完成編~

熊手

どうも飛びイカです

1月9日は前橋の初市祭りでした
お祭り=縁起物が目白押し!

さらにお祭りのテンションで小型熊手も作ってしまいました
はてさてどんな熊手が出来るのでしょうか・・・



という訳で十数年ぶりに初市祭りに行ってきました
まずは近くの八幡様へお参り


CIMG0460.jpg


なんかすげー人がいるわー
前橋ってこんなに人がいたのかー


CIMG0461.jpg


どうやらこの人ごみの理由は、今から始まるお焚き上げの性のようです
やっぱり人間って火が好きなんですかね
俺も子供の頃から焚き火とかすげーやってたし

「これから毎日家を焼こうぜ!」



CIMG0462.jpg


隅には後日お焚き上げするダルマの群れが
ちゃんと両目が塗りつぶされてますね
自分はダルマ買ってきて、願掛けで片目を塗りつぶしたのはいいものの
1年後に何を願掛けしたのか忘れてしまって
片目のままお焚き上げしてもらった思い出があります



CIMG0464.jpg


さあお焚き上げが始まりました
宮司の祝詞とかや楽人の演奏が響きます



CIMG0465.jpg


総代の人やら来賓の方が火を放ちます
三国志大戦の火計みたいですねw




CIMG0467.jpg


あっという間に火が燃え移ります
ダルマさんが文字通り火ダルマに
歓声やら火の轟々とした音が辺りを埋め尽くす一方
僕は頭の中で

フ レ ア ド ラ イ ブ が 決 ま っ た !!

というフレーズが再生されていた

新年早々死にたくなる






CIMG0468.jpg



30分と経たずにダルマさんは燃え尽きました
この日は特別寒い日ではありませんでしたが
ダルマの燃える温度で汗だくに
これがダルマさんの命の煌めきである


「あーダルマさん燃えちゃったなー」

「ダルマさんマジ火ダルマ」

「フレアドライブ・・・」

「だるま・・・だるま・・・だるま・・・」




「熊手にダルマ付けるか・・・」



熊手にダルマ付けるか!


そうだよ
折角ダルマで有名な群馬に住んでんだから熊手にダルマ付けたっていいはず
ダルマ付けよう!


そんな訳で祭りの会場に行ってダルマを物色することへ
神社から徒歩30秒、家から3分
そこが祭りの会場




CIMG0470.jpg


見渡す限り人、人、人
前橋ってこんなに人がいたのかー





CIMG0471.jpg


しばらく歩くと本場モンの熊手が

ぐ・・・!やはり売り物はすげー豪華だな!
こんなもの自分の手で作れるのか・・・?

あまりの豪華絢爛振りに動揺する飛びイカ




CIMG0472.jpg


隣には綺麗な吊るし飾りが


・・・・これをばらして熊手に付ければ俺の熊手も豪華絢爛の仲間入り・・・!

ハッ・・・!

危うく道を踏み外すところだった
店で売ってる飾りをばらして熊手につける?
それがオリジナル熊手と言えるのか?
それは店売りの物と変わらないだろう!

俺は足早にその場を後にした
祭りは覚悟を鈍らせる


ダルマだ
俺はダルマを買いに来たんだ
それ以外の物を買うのはご法度
ここはさっさと目的を達して家に帰ろう








CIMG0469.jpg


お?この店は招き猫を売っているのか

招き猫・・・そういうのもあるのか!


・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・・




CIMG0473.jpg



いやー買った買った
お祭りなんて久しぶり随分散財した気がするわ

真ん中の小さいダルマ
買う予定は全くなかったけど600円500円にするって言うから
4つも買ってしまったぜ


右のダルマ
一つ1300円するんだけど二つ買うって言ったら1個1000円になったわ
まじ俺クレバー

そして招き猫
1500円だったんだけど、何と売ってるおっちゃんの出身地が
前橋だって言うじゃないですか!
同郷出身ということで特別割引で1300円になった!
まじ故郷は温かい!


まぁでも一度の買い物で5000円超えか
流石にこれ以上はちょっと控えよう


母「お祭り行くけど行くかい?」

イカ「行く行く~」





・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・・





CIMG0474.jpg


ふい~
金と銀のダルマ
なんて縁起が良いんだろう
そして獅子舞なんてものもあるし

祭りはほんとサイコーだぜ!


はぁ・・・



凄く財布が軽くなった気がしますが気にしません


初市でダルマを購入したことで大分パーツが揃いました
中型熊手を製作するにはまだ足りませんが
あまりパーツばっかり作っていても気持ちが萎えてしまいます
ここは一度小型熊手を作り、実績を積むことで
モチベーションを維持したいと思います



ということで小型熊手作りますよ


CIMG0430_20120112000518.jpg


まずはひょうたん

またひょうたんかよ!とか言わないでください
前回作ったのは中型熊手用の物なので、今回はあれよりも一回り小さい物を作ります





CIMG0475.jpg



はい出来ました

自分で言うのもなんですが、ひょうたんに字を書くのが上手くなった気がします
1個にかける時間も3時間→1時間と大幅に短くなってるし
これは大量生産ワンチャンあるかもしれませんw

字は「福徳」と「円満」
「福徳円満」という四字熟語があるのでそこから


さてひょうたんも出来たことですし
今回の小型熊手で使用する(つもりだった)パーツを並べてみます


CIMG0476.jpg


ひょうたん×2
ダルマ金銀×2
獅子舞×1
招き猫×2



CIMG0477.jpg


さらに10年前くらいに浅草で買った記念小判も付けちゃいましょう

・・・オリジナル熊手とか言ってる割にはひょうたん以外既製品という事実w


パーツも出揃ったことだしデザインを考えます
と言っても、難しいことは考えずに
シンメトリー性と見栄えを気にする位でしょうか


CIMG0478.jpg


試しに熊手の上に並べてみます
こんな感じに仕上げるイメージでした

この時は


さあまずはひょうたんを縛り付けます
胴体に巻いてある紐を熊手の間に通して縛り付けます



CIMG0479.jpg


はい出来ました
結構キツメに縛らないとひょうたんが動いてしまうので注意



CIMG0480.jpg



裏はこんな感じです
普通に結びきりです


続いて小判を付けます

小判を付ける上で気にしたのが小判の立体性

ひょうたんやだるま・招き猫など
他のパーツが立体的であるのに対し、小判はそのまま付けると平面のまま
位置的に他のパーツに囲まれているので
小判だけ平面だと他のパーツに埋もれて見栄え的によろしくない

と、いうことで小判を(ちょっとだけ)立体的に魅せる一工夫



CIMG0482.jpg


小判の裏にくの字に曲げた厚紙を貼り付け
それを熊手に縛り付けます
こうすると小判が迫り出すように付けられます


CIMG0481.jpg


はい、小判できました


CIMG0483.jpg


裏面はこんな感じ

小判も紐で縛って付けているので位置の調整が出来ます
実際にはこの小判の位置はもう少し下になりました

さて続いて金銀のダルマをつけます
・・・と言いたい所ですがここである事実に気付きます



CIMG0484.jpg



ひょうたん:
小判   :
ダルマ① :
ダルマ② :




ひょうたんと小判で金色がだぶってしまった
しかもそんな中で1つだけ銀のダルマ
もの凄く浮いてしまいます

どうしたものか
どうしたものか


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・





CIMG0485.jpg



買ってきました赤ダルマ


実は前橋の「食の駅」というお店では(道の駅ではないですよ)
1年中ダルマを販売しているのです
これは僥倖!ということで買ってきてしまいました


気になるお値段はなんと・・・




CIMG0486.jpg


200円!

同じサイズの縁日ダルマが300円
もうここでいいじゃんとか言わないで下さい
俺もそう思う

さぁ作業が滞ってましたが続けます

ダルマを買ってきたことだしダルマから付けたいところですが
ダルマは左右に付けるので位置の調整がシビア
ここは真ん中の招き猫から付けてダルマの位置を明白にします





この招き猫、付けるのが難しい

理由はこの招き猫の材質
この招き猫、小さいくせしてちゃんと瀬戸物で出来てるので接着剤で付かない!
さらに硬いので紐を通すことも出来ない!

・・・もう全部ダルマでいいんじゃないかな?

そうだよ、新たにダルマを買ってきたことだし
我が家のダルマは飽和状態
ここで少しでもダルマを減らさないと、猫のおもちゃになるのは必至

結局熊手には

   

とダルマを付けることに


さて、前置きが長くなりましたがダルマを付けます
ここでは最強の接着剤:ボンドを使います
(アロンα?あれ意外とだらしねえんだよ)


ボンドをダルマの背に付け、直接熊手に接着していきます
注意して欲しいのがダルマの造形
ダルマの背は丸くなっているので、そのままボンドを付けても熊手との接地面は極小
また熊手じたいも隙間が空いているので直にダルマを付けるのは難しいです

そこで一度ダルマの背に厚紙を貼り付け
それを熊手に貼り付ける「接地面拡張方式」を採用()


CIMG0487.jpg


ダルマの背に図のように厚紙を張り熊手に貼り付けるのです




CIMG0488.jpg


さらにダルマ同士も連結させ、その間にボンドを流し込み
安定性を確保します


ひょうたん、小判、ダルマが付け終わりました
残りは獅子舞・短冊ですが

また上手く付けられないw

今度は材質うんぬんではなく、スペース的な意味で
何か別の物を付けなくてはいけませんね


「うーん、ちょっとこのままじゃ地味なんだよなー」

「何か光物を付けたいところだけど・・・」






CIMG0489.jpg


!!

ありましたよ、光物

引っ張り出してきたこの光り飾物
天冠の修理に使うものなんですが・・・使っちゃいましょう
どうせ修理するのは俺の仕事だし
ハクナマタター




CIMG0490.jpg


ここら辺の飾物を使うことにします

この飾物も接地面が少なくて大変ですが
ダルマほど多くないので直にボンドで普通に付いたりします
(ダルマは起き上がり用に下に重りが入ってる)









・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・








CIMG0491.jpg


お?


CIMG0492.jpg


おお!出来ましたよ熊手!!




CIMG0496_20120112011224.jpg

全体像はこんな感じです


割と良い感じではないですか
出来ちゃうもんですねオリジナルで

そしてやっぱり光物がないとダメだなと思いました()

今回作ったのは小型の熊手なので裏口に飾りました
中型の熊手を作ったら玄関にでも飾りましょうかね



以上



小型熊手で学んだノウハウを生かして中型も取り組んでいきたいですね

次回はまたパーツ作りです
ちょっと面倒くさくなってきちゃったけど

それではこの辺で
ノシ

(パーツ4へ続く!)
関連記事
スポンサーサイト

| 俺の作品発表会 | 01:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あれ・・・・・・思ってた以上に豪華な熊手!ww

ってかイカさんやっぱり器用ですよねー
普通に量産してって販売出来そう・・・・・・w

| CHAKE | 2012/01/12 07:15 | URL | ≫ EDIT

> あれ・・・・・・思ってた以上に豪華な熊手!ww

貴様ッ!!

熊手量産はノーチャンだなー、面倒くさくって
ひょうたんだったら100個単位をまとめて作れるからワンチャン

つーかもう熊手作るの飽きてきちゃったなー
今はひょうたんに萌え絵が描けないか模索中

| 飛びイカ | 2012/01/13 12:30 | URL |

面白い

すごく記事面白かったです。私も作ってみようと思います。中型の完成記事が見当たらなかったですが、そちらも完成記事楽しみにしています。

| よんの | 2017/05/12 16:41 | URL |

中型はパーツを揃えるのが大変で頓挫しました
小型は必要パーツ数も少なく、かつ個性も出せるので最後まで楽しく作成できました
僕は「熊手らしさ」を意識しましたが、普通の熊手には絶対括り付けないような物を主体にしても面白いと思います

| 飛びイカ | 2017/05/14 13:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/1532-d08f6237

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT