群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NTTドコモから「Xperia NX SO-02D」「Xperia acro HD SO-03D」が発売

01_20120110134447.png



Presented by CHAKE...

「Xperia」の新型キタ━━━━ヽ(゚Д゚ )ノ━━━━!!










NTTドコモは、ソニー ・ エリクソンの「Xperia」ブランド最新機種として2機種を発表しました。


docomo NEXT series Xperia NX SO-02D
docomo with series Xperia acro HD SO-03D



『NX』 は「NEXT series」、 『acro HD』 は「with series」とシリーズが異なりますが、
どちらもHD対応の大画面ディスプレイ1210万画素カメラ1.5GHzデュアルコアCPUを搭載する高機能モデルです。

ちなみに、ドコモの進める次世代通信サービス「Xi」には非対応



発売時期はそれぞれ、 『NX』 が2月、 『acro HD』 が3月となっています。












Xperia NX SO-02D
02_20120110161309.jpg


開発コンセプトは「進化したデザインXHD液晶 美しさが際立つプレミアムXperia」。

ソニー ・ エリクソンのSONY本社への吸収が決まっている現在となっては、最後の「Sony Ericsson」ロゴが入ったモデルとなるかもしれません。 ※同時に発表されたアメリカ向けモデルでは「SONY」ブランドで機種が登場



『NX』 は透明素材 “Floating Prism” をアクセントにしたデザインに、HD “Reality Display” を採用した約4.3インチディスプレイ、「Exmor R for mobile」搭載の有効約1210万画素のカメラ、手書きかな入力にも対応した入力アシスト機能「POBox Touch 5.0」等の機能を搭載。

また1.5GHzデュアルコアCPUの搭載により、パフォーマンスの大幅な向上が期待出来ます。


カラーバリエーションは「Black」と「White」の2色です。





《主な特長》

進化したデザインと美しさが際立つ4.3インチHD液晶

・ 無駄のないシンプルなフォルムに、触れても指紋が目立たないマットな質感のボディには、アクセントとなる透明素材 “Floating Prism” を採用。 着信時や操作時には、白色LEDがアイコンを美しく浮かび上がらせ、プレミアム感を演出します

・ 約4.3インチのHD “Reality Display” は、1280×720ピクセルの高解像度と342ppiの高密度で、動画や静止画の高精細な表現を実現。 また画面に表示出来る情報量が増え、ウェブやファイルを快適に閲覧する事が可能です

・ フロントパネルには「クリアブラックパネル」を採用。 液晶とガラス面の空気層を無くす事で、光の乱反射と拡散を低減させ、外光下でも見易く、色彩を鮮やかに映し出します。 コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた最新の「モバイルブラビアエンジン」搭載で、動画コンテンツや 『Xperia NX』 で撮影した映像を、くっきり、鮮やかに表現します



解像度の高い写真撮影、撮影スピードも劇的に進化した高感度カメラ

・ SONY製裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」と明るいレンズ(F2.4)を搭載した約1210万画素AFカメラにより、薄暗い場所でも高感度、低ノイズの美しい写真 ・ 動画の撮影が可能です。 また720pのHD動画撮影が可能な約130万画素のフロントカメラを搭載。 美しい写真 ・ 動画撮影を楽しめます

・ スリープモードからカメラキーの長押しで、撮影完了まで約1.5秒の高速起動撮影を実現。 撮影間隔もわずか約0.5秒なので、決定的なシャッターチャンスを逃しません

・ シンプルで分かり易いカメラUIを採用。 よく使う機能をショートカットアイコンとして設定する事も出来ます。 静止画 ・ 動画の切り替えもワンタッチで行えます

・ 解像度1920×1080、フレームレート30fpsのフルハイビジョン動画撮影に対応しました。 手ブレ補正やコンティニュアスオートフォーカス、顔認識により美しいフルハイビジョン動画撮影を簡単に楽しめます



Xperiaならではの充実した機能

・ ソニー ・ エリクソン独自のミュージックプレイヤーが進化しました。 楽曲に合わせてこだわりの音質に設定出来るマニュアルイコライザーやサラウンドオーディオ、SONYの音楽技術によるクリアオーディオ、xLOUD搭載により、迫力のサウンドを楽しめます
※サラウンドオーディオ、クリアオーディオはヘッドホン使用時のみ対応、xLOUDはスピーカー使用時のみ対応

・ 快適な文字入力を実現する、日本語 ・ 英語予測変換 ・ 入力アシスト機能「POBox Touch 5.0」を搭載。 手書きかな入力や、よく使う記号や文字を、数字のキーボードに登録出来るキーボードカスタマイズ、オンライン辞書をサポートし、更に使い勝手が向上しました
※ひらがな、英数字のみ対応

・ FacebookやTwitter、mixi等のコミュニケーションを一元表示するソニー ・ エリクソンの独自機能「Timescape」が更に進化しました。 各SNSのアプリを起動せずにスピーディーにコメントアップが出来るTimescapeシェアや、コメントがあった友人のプロフィール画像を一覧表示するTimescapeフレンドにより、よりスムーズにコミュニケーションを楽しめます

・ ソニー ・ エリクソン独自の待受画面「Cosmic Flow」を7色用意しました。 それぞれのテーマカラーが、電話帳やメール、カレンダー等のアプリケーションの背景に設定されます



その他の便利な機能や特長

・ 1.5GHzの高性能デュアルコアCPUを搭載。 マルチタスク処理のパフォーマンスが向上し、アプリや動画をストレス無く、快適に楽しめます。 また32GBの本体内蔵メモリーに、様々な映像や音楽等のコンテンツを保存出来ます

・ DLNAサーバー機能に対応。 PS3等のDLNAクライアント対応機器とワイヤレスでコンテンツを共有する事が可能です

・ フルハイビジョン動画のHDMI出力に対応。 フルハイビジョンテレビにHDMIケーブル(別売)で接続し、 『Xperia NX』 で撮影した写真やフルハイビジョン動画を大画面で楽しめます。 HDMI接続時には、操作がし易い専用ユーザーインターフェース “TV launcher” が表示されます。 YouTube等の動画コンテンツは勿論、Facebook等のSNSもスピーディな操作が可能です。 またブラビアリンク機能に対応しているSONYの「ブラビア」と接続すれば、 『Xperia NX』 の一部の機能をテレビのリモコンで操作可能となります

・ ソニー ・ コンピュータエンタテインメントが展開するライセンスプログラム、PlayStation Certifiedに対応しました。 SCEが運営するPlayStation Storeにアクセスする事で、初代「PlayStation」のタイトル等をダウンロードして楽しめます。

・ テザリング機能を搭載しました。 モバイルWi-Fiルーターとして、最大8台までWi-Fi機器を接続出来ます








《主な仕様》

04_20120110170228.png










05_20120110170853.png06_20120110170854.png07_20120110170855.png08_20120110170856.png



最大32GBのmicroSDHC外部メモリーへの対応に加えて、本体の内蔵メモリーを32GB搭載
これは従来の「Xperia」シリーズ機が1GBの内蔵メモリーしか搭載していなかった事を考えれば、雲泥の差と言った所です。

Android OSは2.3を搭載しますが、発売後に4.0にアップデートされる事でしょう。


しかしワンセグ赤外線通信おサイフケータイ防水といった仕様には非対応なので、
これらの機能を重視する “ガラスマ” 狙いの方は避けた方が無難かもしれません。




















Xperia acro HD SO-03D
03_20120110171546.jpg


開発コンセプトは「防水×HD液晶 日常が変わるAll in one Xperia」。

『acro HD』 は 『NX』 をベースとした、その名の通り以前の 『acro』 の後継機。
約4.3インチの大画面や有効約1210万画素のカメラに1.5GHzデュアルコアCPUといった機能はそのままに、ワンセグ機能やおサイフケータイ、赤外線通信にも対応。

更に国内の「Xperia」シリーズで初めてとなる防水性能を備えました。


カラーバリエーションは「Aqua」、「Black」、「Sakura」、「Ceramic」の4色です。





《主な特長》

防水性能&HD液晶搭載 おサイフケータイ®やワンセグ、赤外線通信にも対応

・ 国内の「Xperia」シリーズで初めて防水性能に対応しました。 シャワーや雨といった直接噴流が当たっても浸水しないIPX5等級と、水深1mに沈めても浸水しないIPX7等級の防水性能を実現。 水を気にせず、様々なシーンで写真や音楽、通話を楽しめます
※使用の際はキャップ(外部接続端子カバー)が確実に閉じているか確認を。 防水性能を維持するために、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換が必要となります(有料)

・ 従来の携帯電話でお馴染みの、データ送受信に便利な赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグに対応。 より便利にスマートフォンを利用可能に

・ 約4.3インチのHD “Reality Display” を搭載。 1280×720ピクセルの高解像度と342ppiの高密度で、YouTube等の動画や静止画の高精細な表現を実現。 また画面に表示出来る情報量が増え、ウェブやファイルを快適に閲覧する事が出来ます
 
・ フロントパネルには「クリアブラックパネル」を採用。 液晶とガラス面の空気層を無くす事で、光の乱反射と拡散を低減させ、外光下でも見易く、色彩を鮮やかに映し出します。 コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた最新の「モバイルブラビアエンジン」で、動画コンテンツや 『Xperia acro HD』 で撮影した映像を、くっきり、鮮やかに表現します



最新のSONYテクノロジーを搭載した本格的エンタテインメント機能

・ SONY製裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」と明るいレンズ(F2.4)を搭載した約1210万画素AFカメラにより、薄暗い場所でも高感度、低ノイズの美しい写真 ・ 動画の撮影が可能です。 また720pのHD動画撮影が可能な約130万画素のフロントカメラを搭載。 美しい写真 ・ 動画撮影を楽しめます

・ スリープモードからカメラキーの長押しで、撮影完了まで約1.5秒の高速起動撮影を実現。 撮影間隔もわずか約0.5秒なので、決定的なシャッターチャンスを逃しません

・ 解像度1920×1080、フレームレート30fpsのフルハイビジョン動画撮影に対応しました。 手ブレ補正機能搭載で、美しいフルハイビジョン動画撮影を簡単に楽しめます

・ ソニー ・ エリクソン独自のミュージックプレイヤーが進化しました。 楽曲に合わせてこだわりの音質に設定出来るマニュアルイコライザー、サラウンドオーディオ、ソニーの音楽技術によるクリアオーディオやxLOUD搭載により、迫力のサウンドを楽しめます
※サラウンドオーディオ、クリアオーディオはヘッドホン使用時のみ対応、xLOUDはスピーカー使用時のみ対応です


・ フルハイビジョン動画のHDMI出力に対応。 フルハイビジョンテレビにHDMIケーブル(別売)で接続し、 『Xperia™ acro HD』で撮影した写真やフルハイビジョン動画を、大画面で楽しめます。 HDMI接続時には、操作がし易い専用ユーザーインターフェース “TV launcher” が表示されます。 またブラビアリンク機能に対応しているSONYの「ブラビア」と接続すれば、 『Xperia acro HD』 の一部の機能をテレビのリモコンで操作可能です。



その他の便利な機能や特長

・ 1.5GHzの高性能デュアルコアCPUを搭載。 マルチタスク処理のパフォーマンスが向上し、アプリや動画をストレス無く、快適に楽しめます

・ 快適な文字入力を実現する、日本語 ・ 英語予測変換 ・ 入力アシスト機能「POBox Touch 5.0」を搭載。 手書きかな入力や、よく使う記号や文字を、数字のキーボードに登録出来るキーボードカスタマイズ、オンライン辞書をサポートし、更に使い勝手が向上しました
※ひらがな、英数字のみ対応

・ FacebookやTwitter、mixi等のコミュニケーションを一元表示するソニー ・ エリクソンの独自機能「Timescape」が更に進化しました。 各SNSのアプリを起動せずにスピーディーにコメントアップができるTimescapeシェアや、各SNSにコメントがあった友人のプロフィール画像を一覧表示するTimescapeフレンドにより、よりスムーズにコミュニケーションを楽しめます

・ ソニー ・ コンピュータエンタテインメントが展開するライセンスプログラム、PlayStation Certifiedに対応しました。 SCEが運営するPlayStation Storeにアクセスする事で、初代「PlayStation」のタイトル1等をダウンロードし、楽しめます

・ 大容量1840mAhのバッテリー、16GBの内蔵メモリを搭載。 より安心で快適に使えます

・ テザリング機能を搭載しました。 モバイルWi-Fiルーターとして、最大8台までWi-Fi機器を接続出来ます



デザインの特長

・ フロント面はスタイリッシュなスクエアデザイン、背面は曲線が美しいラウンドフォルムを採用し、デザイン性と快適な操作性を両立しました。 ボディの周囲には金属調のフレームを施しています。 繊細なサイドのラインは上部の接続端子カバーへ繋がり、ボディ全体に高級感を与えています

・ 深く透き通る海のような清々しさを表現したAqua(アクア)、マットな質感が知的な印象を放つBlack(ブラック)、桜のように明るくフレッシュなSakura(サクラ)、暖かな質感のエレガントなCeramic(セラミック)の4つのカラーを用意しました








《主な仕様》

09_20120110175430.png










10_20120110180512.png11_20120110180513.png12_20120110180514.png13_20120110180515.png



内蔵メモリーは16GBと 『NX』 と比べると減少しますが、日本向けの機能はほぼ全て搭載。
カラバリが若干多いのもその現れなんでしょうか。

重量が149gとややヘビーな部類に入りますが、そこさえ気にならなければ充分に使える機種でしょう。

バッテリー容量も1840mAhとかなりとってありますしね。


























   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\  でもiPhoneはいつまで経っても出n(ry
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \
関連記事
スポンサーサイト



| デジモノニュース | 18:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

内部ストレージ32GBは羨ましいですねぇ
私の端末SDスロットすら無いし

| scottie | 2012/01/11 15:18 | URL |

Xi対応じゃないのがネック、Arrowsに勝てない気がする…

| 紅蓮 | 2012/01/11 16:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/1523-8368cd19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT