群馬大学GA研究会 なんでもにっき

群馬大学サークル「GA研究会」です。会合記録や イベントレポート、個々人の研究、突発企画なども書いていきます。お楽しみに!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリジナル熊手を作ろう!~パーツ1:ミニ破魔矢編~

熊手

どうも明けましておめでとうございます
飛びイカです

「2012年は何か新しいことしたいなー」



「そうだ、熊手、作ろう」


という訳で熊手作ります熊手
しかも(ほぼ)手作りで
一体どうなることやら・・・

※製作するのはお祭り用の熊手です
 掃除用の熊手を竹から切り出して組み立てる企画ではないので注意

この企画は1月中に終わらなかったら失踪しますw



ことの発端はオレ・ざいたく・チャケ・まっつんで
劇場版のけいおんを観に行った時のこと


イカ「熊手発注したんだけど、やっぱずらーと並ぶと壮観だったよ」

チャケ「はぁ・・・」

ざいたく「くまくま」

まっつん「あの・・・」

イカ「ん?」



まっつん「熊手って、何ですか?」


「「「え゛っ!!?」」」




イカ「おま!熊手ってあれだよ!元日なんかで並ぶ!」




まっつん「いや、熊手って聞くと文字通り熊の手しか思いつかないですけど・・・」


なんと、まっつんは熊手を知らないという事実が発覚してしまいました


これはいけませんね
もちろん熊手を買う、という習慣自体が廃れていることは知っていますが
まさか今の若い人の一部は熊手自体を知らないという
これはいけませんね



ここは、GAの伝統文化保存委員会委員長であるこのオレが!(今思いついた)

オリジナル熊手を製作して!

熊手の何たるかを見せ付けてやりますよ!


後付理由

まず、熊手の説明

熊手は扇状に竹を組んでいき、落ち葉をかき集めたりする言わば掃除用具
同名の武器なんかもあるようですが今は割愛
そして今回僕が作ろうとしているのは熊手(縁起物)

熊手にひょっとこ・おかめの面、鯛や小判の飾り物など
縁起物を括りつけた物を言います

熊手の形状が末広がりで福をかき集める、みたいな意味合いがあるそうです


それでですね、この熊手
実物を何個か見てみたわけですが



自分で作れるんじゃね?って思うんですよ


結局の所、熊手を買ってきて、縁起物を括りつければ完成ですから


そりゃ神社なんかで売ってるものと違ってご利益は望めなそうですが
自分の手で作る訳ですから愛着は既存のものとは段違いですよ



という訳でまずは大本になる熊手をホームセンターで買ってきます


イカ「中型熊手の卸値が2800円位だから大体1000円位か・・・?」


熊手:198円


安すぎバロスwwww


イカ「これ手作りで作って3000円で売ったらウハウハやん!」


金にがめつい商売人の性が出てしまいました
取り合えず中型と小型、2つの熊手を買って帰りました


CIMG0404.jpg


大きさはこんな感じ

今回はまず中型のものを1個作ってみることに


さて、肝心のパーツ作りです
別に売りに出すわけではないので特に縛りはありません
自分が思う「縁起物」を括り付けていけばいいはず


イカ「まずは・・・破魔矢でも作るか」


何故か縁起物=破魔矢を真っ先に思いつく飛びイカ
今にして思えば
「フィギュア括り付けようずwwww」
とか思えるんですけど、この時は割と真面目にやってしまいましたw


んでちょっとここで訂正なんですが
実は破魔矢って呼称は使っちゃ不味いんですよね

なんか破魔矢って名称は商標登録されちゃってるんで「神矢(しんや)」という呼び方をしなくちゃいけない
今後は神矢という呼称を使っていきます


さて、神矢を括り付けることは決まりましたが
神矢を付けるには中型熊手では小さすぎて無理
ここは神矢を小さくして中型熊手に合わせる必要があります

つまりミニ神矢を作る必要があります

ミニサイズの神矢を作るには原寸大の神矢の寸法が分からないといけません



イカ「どっかに神矢落ちてねーかな・・・」





CIMG0408.jpg


落ちてました
神矢


茶番安定



次にミニ神矢の元となる木の棒を探します


イカ「どっかに木の棒落ちてねーかな・・・」


母「菜箸でいいじゃん」


菜箸、その発想はなかった


菜箸の長さは33cm
熊手に括り付けるには丁度よい長さです

CIMG0407.jpg


という訳で菜箸の片方を本体にミニ神矢を作ります

まずは原寸大の神矢の寸法を割り出します

イカ「神矢の寸法とかないの?」

親父「あんなの目分量に決まってんだろ」

orz



そんな訳で定規で測っていきます

CIMG0409.jpg


これが寸法のメモ
字が汚いのは仕様
神矢本体の長さは70センチなので約半分に縮小する感じです

コンセプトは「手作りによる完璧なミニサイジング」

基本的に神矢自体はシンプルで
本体中ごろに和紙を巻きつけ
羽の上下に飾りとして金テープ
その下に「守護矢」と書いた紙
そんだけ!

中ごろに巻きつける和紙のサイズは原寸大の場合こんな感じ

CIMG0410.jpg


これを70→33にする
0,47・・・倍くらい

また金テープの幅なんかも正確に0,47・・・倍にして巻きつけていきます
手先が器用ではないのでしんどいですw

守護矢の字
印刷にしようかと思いましたがコンセプトを思い出し手書き

CIMG0411.jpg


そして和紙・金テープ・守護矢まで取り付けました


続いて羽です

原寸大の羽は長さ9センチ、横幅2センチ、斜め差1,5センチなので
長さ4,24センチ、横幅0,94センチ、斜め差0,7センチに縮小

羽をカットする・・・はずだったんですが・・・


イカ「めんどくせ」


飛びイカの悪い癖がでました
ここまで来て妥協

いや、もう既に作り始めて3時間たってるし
羽をカットしてまとめるのって面倒なんですよ実際


という訳で羽の部分は硬い厚紙で作ることに
ちゃちぃww

ただ単に紙を本体に付けようとしても安定しませんので
土台となる台紙に切り込みを入れ

CIMG0422.jpg


そこへ羽となる紙を差込、糊で固定します


CIMG0418.jpg

そして出来あがった羽のパーツ×3を本体に貼り付ければ・・・

CIMG0423.jpg


ミニ神矢の完成です


CIMG0424.jpg


本物の神矢と並べるとこんな感じ
・・・色黒ですねw


さて神矢自体は完成しましたが
ここで飾りつけの意味を含めて厄除けの短冊と鈴を付けます

CIMG0447.jpg


本物の神矢にはさらに絵馬も付けるんですが
このミニ神矢だと絵馬が大きすぎるんで付けません
(小さい絵馬を作ればいい?時間が足りなかったww)


無事に絵馬と鈴も付け終わりました!

これにて本当に神矢完成!

こんな感じに仕上がりました


CIMG0435.jpg


うん、まあ、手作りだしこんなもんかな
大体製作時間は4時間ほどでした

これで熊手に取り付けるパーツ1:ミニ神矢は終了

次のパーツはひょうたんを予定してます
それでは作りに逝ってきます

ノシ

(パーツ2へ続く!)
関連記事
スポンサーサイト

| 俺の作品発表会 | 20:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分熊手くらい知ってましたよ。

熊手ってあれでしょ・・・背中とか掻くヤツ。

| まっつん | 2012/01/08 17:23 | URL |

はぁ・・・

| 飛びイカ | 2012/01/08 18:48 | URL |

『はぁ…』は辞めてくださいwww

| まっつん | 2012/01/08 19:19 | URL |

マジで「はぁ・・・」流行らせようぜwww

| 飛びイカ | 2012/01/08 19:36 | URL |

潮干狩りの為に存在するアイテムだと思ってた…
季節外れだと思ったらこれだよ!俺ったらマジ無知!

| phos | 2012/01/08 22:57 | URL |

正直熊手が縁起物だとは知らなかったorz


はぁ…今年こそまっつんのゴブリン相手に1キル決めるわ

| ざいたく | 2012/01/09 13:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://apg.blog3.fc2.com/tb.php/1514-ffb7873e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT